MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

カプチーノ スロットルバルブ清掃

time 2015/05/27

カプチーノ スロットルバルブ清掃

エンジンというのは長い間使ってくると
スロットルボディやインテークバルブなどに
カーボンが蓄積されてきます。
そうするとスロットルのバタフライの閉じ方、

インテークバルブの閉じ方に問題が発生し、
吸入負圧が減ってきたりします。

それらが原因で、エンストやアイドリング不調なども起こしたりします。

なので、吸気系統をきれいに掃除するっていうのは
結構大切なこと。

てなわけでカプチーノのスロットル、インテーク掃除をしました。

c-log586-01
いわゆるキャブクリーナー。

今はインジェクションクリーナーとしても
売られている泡でカーボンを落とすにくいやつ。

c-log586-02
作業する場所がないので、河原の駐車スペースで
エンジンルームを開けだすMHO。

ダイレクトにスロットルをきれいにしたいので
インタークーラーのパイプを外します。

c-log586-03
インタークーラーのパイプを外すと
見えるスロットル。

ここにガソリンの汚れが蓄積されている。

c-log586-04
ちなみにエンジンを暖機したあとに

エンジンを止めて、インタークーラーのパイプを外します。
そしてもう一度エンジンをかけて、
スロットルワイヤーで直にスロットルを手で開けつつ
泡注入。

途中エンジンが止まりそうになりますが、更にアクセルを開けます。

c-log586-05
手でスロットルを開けます。

アイドルアジャストスクリューも外して

c-log586-06

c-log586-07
アイドルアジャストスクリューからも

泡注入。

エンジンが止まりそうになるけどアクセル全開。
マフラーからは白煙がもうもうと出てきます。

これをガンガンと繰り返します。
キャブクリーナーはカーボンをてきめんに落としてくれます。

しばらく噴射しながらスロットルを開け続けて
インテークバルブもきれいにします。

ガソリンの汚れというのはかなりのもので、
10万キロ近く走ってくると本当にスロットルが汚れています。

それらを洗浄するって言うのも立派な整備のうちになります。

作業後はアイドリングが安定していました。

みなさんもお試しあれ。でも最近の車はスロットルバルブの清掃ができないものが多いので調べてからにしましょうね。

ワコーズ製品がオススメです

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ