カプチーノ ワイパーアーム錆び塗装 ガーニッシュ塗装

カプチーノは、10年落ちで、あっちこっち錆びてきています。

錆ってかなり嫌。しかも目に入ってくるところになると最悪って感じです。

cap-c15-01
ご覧のとおりワイパーアームが錆びてかなり、みすぼらしくなってしまっています。

そんなわけで、ワイパーアームの塗装、その下のガーニッシュ、カウルトップもかなり色あせてきているのであわせて塗装をすることにしました。

ガーニッシュは購入すると、5000円くらいするらしいから、塗装でごまかします。

まずは、ボンネットを開けて、ワイパーアームを外します。

12mmのボルトでしまっていますので、緩めてください。

そしてアームをゆすってやると外れます。

cap-c15-02
運転席側

cap-c15-03
助手席側です。

ワイパーゴムの長さは因みに

45cm

40cm

です。参考にしてね。

そしてワイパーアームを車両から外します。

cap-c15-04
こんな感じ

cap-c15-05
どーですか!?めっちゃくちゃ錆びていてみすぼらしいでしょ?

cap-c15-06
今回つかう塗料はこれ。
RTECの124

つや消しブラックコートスプレーなるものです

cap-c15-07
早速吹きかけていきます。

そこそこ速乾性のスプレーなので、少しおいておけばOK

cap-c15-08
どうですか?新品のようですよ。見違えたなぁ~。

続いてガーニッシュの取り外しです。
下の図でわかるように数個のピンでとまっています。

このピンは真ん中をドライバーで押してやると簡単にロックが外れます。
ピンは2種類の長さのものを使っているので組み付けるときに間違えないように

cap-c15-09
真ん中を押してやると外れるピン。

ガーニッシュはピン数個と鉄板ビス2つで止まっています。

cap-c15-10
ドアを開いたフェンダーとの間に左右鉄板ビスで止まっています。
これらを外すと簡単に取れます

cap-c15-11
かなり色あせています

cap-c15-12
これもスプレーで吹いてあげます

cap-c15-13
乾いたらこんなに綺麗になりました

装着すると

cap-c15-01-1
BEFOR
cap-c15-14
AFTER

仕上がりは一目瞭然!

カプチーノオーナー様で、最近ワイパーアームが錆びている方はぜひお試しあれ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする