カプチーノ EA11R クーラントサブタンク交換

カプチーノのクーラントのサブタンクを交換しました。
交換理由は、車齢が14年を経過したこと。
同じ樹脂製のウォッシャータンクが熱による劣化で硬くなり穴があいてしまったこと。

こういった理由でクーラントのサブタンクの交換に踏み切りました。

c-log800-01
カプチーノのクーラントサブタンクの交換はめちゃくちゃ簡単。

サブタンクはただはまっているだけなので、底の方から上へ引き出すだけ。

c-log800-02
どうですか?見た目もかなり黒ずんでいて、どこまでクーラントが入っているか
確認するのが大変なくらいです。

c-log800-03
新旧比較

c-log800-04
クーラントを注いでみる。

おっとアッパーレベルよりも入っていた。

c-log800-05
蓋とパッキンも交換。

蓋は緑色に変更されていました。

c-log800-06
パッキンを装着

c-log800-07
ホースを付け替える。本当はホースも新品にしようと思っていたが、
注文し忘れたので再利用

c-log800-08
タンクを収めてキャップをはめる。

キャップは新品はかなり硬くはまっているもんだなと再認識

c-log800-09
完成。

エンジンルームの見栄えがかなり良くなったと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)