MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

カプチーノ EA11R ウォッシャータンク交換

time 2015/10/14

カプチーノ EA11R ウォッシャータンク交換

今度はカプチーノのウォッシャータンクを交換しました。
ウォッシャー液を補充しようと入れたら
いつまでもぽたぽたと下に漏れてくる有様だったので交換。
熱による経年劣化で穴があいてしまっていた。

c-log801-01
バルクヘッドからウォッシャータンクを止めているプラスネジ2本を外す。
これがなかなかに硬い。きちんとしたサイズのドライバーじゃないと
舐めるかもしれない

c-log801-02
ネジを外したらウエザーストリップをウォッシャータンクの部分だけ外す。

これを取らないと上へ抜けてこなかった

c-log801-03
タンクを上へ引っ張り上げる。この状態ではまだウォッシャーモーターが接続されているので
無理に上にあげないように。

c-log801-04
ウォッシャーモーターをタンクから外す。

マイナスドライバーでこじってやれば外れます。
c-log801-05
新旧比較

古いタンクよりネジが止まるステーの金具を新品へ移植。

c-log801-06
ご覧の通り古いタンクは硬くなって穴があいていた

c-log801-07
新しいタンクにウォッシャーモーターを取り付ける。

c-log801-08
あとはボンネットの下にきちんと収める。

c-log801-09
そして、ネジ止めしてウエザーストリップを戻す。

新品のタンクにウォッシャー液を入れて終了。

c-log801-10

クーラントのサブタンクもそうだけど、10年10万キロをめどに
こういった樹脂パーツも交換してやればいいと思う。

ヘタなトラブルを回避できるし、なにより見栄えもよくなる。

価格は両方共に安いものです。

お試しください。カプチーノのウォッシャータンク交換でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ