車屋さんに必須な携帯電話

この間かなりピンチな出来事がありました。僕が使っている携帯電話はそろそろ6年を超えるモデルで、バッテリーが持たなくなってきました。すぐに電池1になってしまうのです。
そんな中、会社へ納車をする約束のお客さんの車の納車を命じられました。
会社に着いたら携帯へ電話しろ。

というものです。この時、車載の充電ケーブルはもって来ていたので、会社においてある代車のシガーライターに接続してから電話をかけようと思いました。すでに携帯の電池は1です。
会社について、代車とお客さんの車を入れ替えようとしたら驚いた。
なんと代車にはシガーライターがついてないじゃないの。未だに古いヴィヴィオのバンを代車として使っていて、シガーライターがなかった。

こいつはヤバイ。しかたがないのでお客さんの車のシガーライターからちょっと電気を分けてもらうしかないか?いや、それはやりたくないなぁ・・
でもよく見てみたらシガーソケットがついていない。トヨタのイストだったんですが、イストってシガー電源がないのか!?
こうなったらと思い、代車のエンジンをあっためて、携帯電話のバッテリーを暖めました。バッテリーを暖めるとある程度性能が回復するってめざましTVでやっていたので実践。

かなり熱々にして意を決してお客さんの携帯へ電話!ぷるるるるるるる・・・
早く出てくれ。今すぐにでも電源が落ちそうだ・・・

「こちらはNTTドコモです。おかけになった電話は現在電波が届かないところにあるか、電源が入っていない為・・」

というアナウンスが流れ出し、ズッコケそうになった。
仕方がないので会社の受付にお話しをして本人を呼んでもらいました。携帯電話が使えないとこんなに不便なのか思い知らされましたね。ちなみに、携帯が普及するまでの間は無線を車に搭載していたそうです。
そのころは10分20分待つのは当たり前みたいなところがあったらしいですが、今では5分も先輩をまたせると速攻で電話が入ります。車屋さんにとって納車引取りの際の携帯電話っていうのはなくてはならないアイテムなんだなというお話しでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    携帯が出始めてすぐの頃はそれでも無線使用の方が多かったですね。携帯がでかい(ショルダーホン)・エリアが狭いで使い物にならなかったですから。
    私も前職、たぶんMHOさんも利用していただいていると思う会社勤務の時、陸上特殊無線取りました。

    • MHO より:

      携帯電話とはなんて便利なのか・・・。出張でもスマホならばグーグルマップで何処へでも連れて行ってもらえます

  2. Jean-luc より:

    以前はポケベルもってましたが、渋滞の中にいるとまったく無意味なので、高かったのですが携帯電話かいました。ショルダーホンの次の世代の最初のハンディタイプです、車載セットと一式で30万円以上だったと思います。呼び出しがあっても手も足も出ないといけないので仕方ない出費でした。
    あの頃のバッテリーはニッカドバッテリーで充電器に放電機能がついてましたよね?
    電池の持ちも悪くて必ず予備を持って歩いていました。