MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

車の電球交換

time 2014/11/25

車の電球交換

車にはいろんなランプ類がついています。
ヘッドライト、スモールポジションライト、ウインカー、バックライト、テールランプ、
ブレーキランプ、ナンバー灯、ルームランプなどなど。

外装のライトはどれか一つでも切れていると整備不良の対象になり、
違反切符をきられる可能性があります。気をつける人はきをつけますが、
実際運行前点検をする人なんか数えるほどしかいないのが現状かと。

light1

ガソリンスタンドにいくと、店員さんが気配りして早期発見につながりますが
基本的に車検整備時に工場で交換されるケースが大半でしょう。
車検整備では切れている灯火類は交換しますが、切れてないのは交換しません

ヘッドライトが片方切れている。じゃあ交換だ。でもしばらくしたら片方も切れちゃった。

タクシーなどは急なバルブ切れを嫌って一定期間使ったバルブは全て交換するそうです。
それに習って自分の車もバルブを全て交換しました。これでしばらくは大丈夫だね。

スポンサードリンク

ひとくちにバルブ交換といっても結構難しく、ランプユニットを外すのは大変なのです。
お勧めなのが一度自分の車のランプユニットを外してみること。
そこで実際に使われているバルブを確認して、ホームセンターなどで予備を買っておく。
あとヒューズも入れておくといいでしょう。ヒューズも昔の車は大きなもの。
今の車は小さい板ヒューズを使っています。
各アンペアをセットにして売っているのがあるのでそれを買うのがお勧めです。

あとLEDが流行っています。消費電力が小さい割に明るいのが特徴。
しかし、基盤に回路として組み込まれているのが殆どで何かのトラブル時には
基盤ごとの交換になってしまいます。三菱コルトのエアコンスイッチのパイロットランプがLEDで、
ランプ交換できずにユニットアッセンブリーで一万円近い修理になった記憶があります。
逆に基盤を修理する技術が今後必要になっていくんだなと思いました。
ハンダの浮きを確認したけど治らなかったから悔しかったね。
とまあ自分の電球を知るのはなかなかいいことなんだと思います。是非トライしてみてくださいませ。

自動車用品の購入にはMHO-SHOPをどうぞ

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ