MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

車の部品代

time 2014/11/24

車の部品代

車を整備に出すとき不具合があったら、部品を交換することになります。
ディーラーであれば同じ敷地内に部品専門の部署があったりしますが、
町工場では基本的に部品商に注文して卸してもらうようになります。

car-parts-price1

ディーラーで部品を購入すると、経験がありますが定価販売でした。
部品商から購入すると定価よりも安く買うことができます。
部品商はディーラーに純正部品を卸してもらうときに、異なったレートで契約しているためです。
町工場で部品を買うとそういった中間マージンが発生するためほぼ定価に近い金額になってしまいます。
なので車をいじる人であれば部品商と仲良くなるのがいい。
部品商の人は結構流用の知識を豊富にもっています。貴重な情報をもらえることもあると思います。

スポンサードリンク

部品を注文するのは車検証に記載されている

車体番号

形式指定番号

類別区分番号

年式

これだけで伝わりますが外車の場合は他に

型式

を伝えるひつようがあります

口頭で部品が言いにくい場合はパーツリストのコピーをもらうのがベストです。

ちなみに原油高が災いして、オイルとタイヤだけでなく、各純正部品も値段の仕切りがあがってしまいました。

車の値段も材料の関係で上がっていくんでしょうね。

MHOショップではいろいろなメンテナンス用品を扱っています。
是非ご利用くださいませ。

 

sponsored link

コメント

  • ベテラン整備士さんですごい人がいました。ブレーキライニングの張替が終わったものを一目見て、これは53年式のコロナ、これは55年式のカローラ・・、という感じですべて一目でわかってしまうのです。僕には全部同じに見えてしまいます・・、なんかほんとにすごいなー!という人でした。

    by Jean-luc €2016年9月5日 15:32

    • 神ですね!

      by MHO €2016年9月11日 18:04

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ