もし車でスキーに行くのなら準備しておきたい装備と荷物はこれだ

車でスキー場に行くのなら

2016-01-12-1-9

今はシーズンなので、車でスキーに行く人も多いでしょう。

車でスキーに行くときに準備しておきたい荷物、装備を考えてみたのです。

雪国に住んでいる人がスキー場に行くのなら、まあそんな心配はないと思うんですよ。ですが、都会などからスキー場へ行くときって装備をしていかないといけません。

ということで、順を追ってみてみたいと思います。

ブースターケーブルを必ず積んでおくこと

バッテリーの状態が悪いと、もしかしたらスキー場でエンジンがかからなくなることも考えられます。そういったときに、ブースターケーブルを積んでおけばジャンピングでかけることができます。

これはまず必須ですね。

スタッドレスタイヤを履いていくこと

オススメはBSのVRXです。スタッドレスタイヤを履いていかないでスキー場に行く人はいないと思いますけど。

スノーブレードに交換していく

普通のワイパーだと、スキー場は寒くて凍ってしまいます。

すると、ワイパーで雪をかききれなくなるので、あらかじめスノーブレードに交換しておくのがオススメ。

ちなみに、純正の長さよりワンサイズ短いものに交換するのがベスト。雪は雨より思いたいですからワイパーモーターの負担を軽減できます。

簡易チェーンもあればオススメ

駆動方式によっては、スタッドレスを履いていても滑って雪道を走れないことがあります。そういったときに、簡易的なタイヤチェーンを装備するのがベスト。

万が一のための保温シートを

車が走行不能に陥ったとき、いわゆる万が一のときですが保温シートをいれておくのがいい。体温の低下を避けることができます。

これは災害時にも使えるので買っておいてそんはないかもしれません。

モバイルバッテリー式バッテリカーが便利

モバイルバッテリーのジャンプスターターが便利です。

ブースターケーブルを備えていても助けてくれる人がいない場合、これがあれば大丈夫。使い道としてはUSBもついているのでスマホの充電もOK。

そしてLEDライトもついているのでいろいろと便利です。

決して雪道を甘く見ないこと

2016-01-12-1-48

雪道は吹雪いて視界が悪くなってくるとかなり危険です。

雪道を甘く見ないこと。

それでは楽しいスキーライフをお楽しみください

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)