車の塗装と錆び止め

車にはいろいろな塗装が行われています
ボディの塗装からアンダーコートの塗布
はたまたコーティングなどなど
車は金属とプラスチックとゴムとガラスなどでできていますが大半は金属。
金属は塗装を施さないと錆てきます。マフラー一つとってみても、
毎年耐熱シルバーを吹いてあげれば吹いてないマフラーよりは穴が開きにくいでしょう。

nox-900

外国車の下回りはびっちりとアンダーコートが張り巡らされ、錆を完全にシャットアウトしています。
ヨーロッパなどは日本より車を長くつかうので簡単にボディが錆びてしまっては評判をおとすだけなのでしょう

驚いたのがゴルフで今までのゴルフ4まではかなり強力に錆対策をしてありました。
先日我が社で売れたゴルフ5が車検で入庫。リフトアップするとこれまでのゴルフとはちがい、
アンダーコートを殆ど塗布されていなかったのです。
う~むあれは錆てしまうぞと思いました

スポンサードリンク

先日モノの作り方という本を読みました。そこには車の製造工程ものっていて、
ホンダのCRーVが載っていましたが、ある程度組み付けたら塗装が入った水槽に
ボディごとつけていました。細部にまで塗料がいきわたるようにするためだそうで、
イオンコートで塗料の張り付きを向上させているみたいでしたね。
まあ下回りに限っては路面からの石跳ねなどでも削れないある程度厚めで弾力性のある
アンダーコートのほうが向いていますけどね。

おすすめの錆び止めです。ノックスドール900。ボルボの錆び止めとして使用されているものです。

とにかく、車を長く使いたいと考えるならまずはアンダーコートを下回りに塗布しましょう。
おすすめはノックスドールです。
ボディは交換ができない部品なんですから

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする