MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

トラックのサイドブレーキはセンターブレーキ

time 2014/11/20

トラックのサイドブレーキはセンターブレーキ

今日はサイドブレーキについて触れたいと思います。

通常大半の車のサイドブレーキというものは、リア側が効く様になっています。

たまぁにフロントにサイドブレーキが作動する車もあります。

(スバルのレオーネなど。レオーネはサイドターンができないんだよ)

で、聞いたことあると思いますが、サイドブレーキというものは
ワイヤーで、サイドブレーキのレバーやペダルに繋がれています。

よくサイドブレーキを引っ張りすぎて、ワイヤー切っちゃったとかって聞いたことありますよね!?
サイドターンのやりすぎでワイヤーのびちゃったとか。

で、まぁ一口にサイドといってもいろいろありまして、
ブレーキによっても違います。

リアがドラムブレーキの場合、ワイヤーを引っ張ると通常のリアドラムブレーキが利くようになります。
リアがディスクの場合は、ワイヤーを引っ張ると、通常のリアディスクブレーキが利きます。

中には、リアブレーキにディスクとドラムの両方備えているものもあります。


身近な車ではスカイラインなど。
フットブレーキではディスクブレーキが利き、サイドブレーキではドラムのほうがききます。

ミニバンなんかは大抵この方式だね。エスティマもオデッセイも
リアはディスクブレーキとドラムブレーキ。ディスクローターの中にドラムブレーキが
備わっております。

ブレーキの制動力は、ディスクよりドラムのほうが強いので、
サイドターンはスカイラインのほうが簡単に出来たりします(笑)

そして以外に知られていないのが、
フットブレーキとサイドブレーキの制動力の違い。

これはサイドブレーキのほうが、強力なんです。
フットブレーキを踏むと、4輪全部に制動がかかるから、強いことは強いんですが、
リア単体で比較するとサイドブレーキのほうが効きが良いのです。

ユーザー車検なんかで、ブレーキテスターに車を載せるでしょう!?
で、制動力がたりないなぁ何て検査官に言われたら、ちょこっとサイドを引いて見ましょう。
(ばれないようにネ。これでバッチリの制動だ!)

これがサイドブレーキなんですが、
話は変わって

大型トラックのサイドブレーキってどうだと思います!?

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

これは又特殊で、大型トラックには

センターブレーキという機構が備わっております。
構造はというと、

トラックは大抵FRなので、エンジン縦置きで、
エンジンの後ろにミッションがあります。そしてプロペラシャフトでデフにつながり、
後輪で駆動しているんですが、

このミッションとプロペラシャフトの間にドラムブレーキがついています。
これがセンターブレーキ

つまり、駆動輪への駆動を行わないようにプロペラシャフトをロックしてしまうというもの。

現物はこんな感じ

center-brake1
例は三菱キャンター

center-brake2
ミッションとプロペラシャフトの間に丸いものがありますね!?
この中にドラムブレーキが入っています

center-brake3
指をさしているところに、メクラのフタがあって、
フタを外すとセンターブレーキの調整カムが見えます

center-brake4
縦にギザギザになってる奴ね。
横に走っているのはドラムブレーキを構成しているスプリング
この縦のギザギザのカムを回すと、センターブレーキのキキを調整できます

こんな感じですね。

ブレーキというものは、本当にシンプルなものです。
慣れればOHなんかも簡単にできますよ!

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ