未だにシガーライターが必要だという人はいるということ

世間は禁煙ムードになりました。昔に比べてタバコを吸う人はほとんどいなくなってきましたね。

かくいう僕はどうなのか?実は7年くらい禁煙をしてきましたが、最近はストレスに負けて再び愛煙家になってしまいました。禁煙していた期間が7年あったので、匂いは敏感です。

車の中ではタバコは吸わなくなりました。家の中でも匂いが嫌なので吸いません。

そんなタバコ吸いの僕が言っても説得力がないんですが、未だにシガーライターの需要ってあります。車検で入庫してきた車でご用命事項に

「シガーライターが使えない」

という相談が年に数件入ってきます。

そもそもが、今の車ってシガーライターが付いていないのがほとんどです。付いていてもUSBとかになってしまいましたから。

車のシガーライターは12Vです。USBは5Vなんです。100円ショップで売っているシガーライターからUSBに変換するプラグは12Vから5Vに減圧して、USBコネクタをそなえたものです。

軽トラックに乗っているおじさんは喫煙率が以外と高い。新車でトラックを買ってもらうと、

「なんだ、シガーライターついてねぇのか?つけてくれ!」

という相談を受けるので後付けします。

後付けと言っても、純正オプションパーツで買えるので、ほぼポン付けです。

裏に配線は大抵きてるので、接続するだけのお手軽さです。

ちなみに、シガーライターが壊れて使えないという相談を受けた時、故障の原因で高いのが単純にシガーライタープラグの断線。

シガーライターって電熱線の原理です。タバコを吸いまくっている人はここに灰やらゴミが付着して断線しちゃう。

本体には問題なくて、火をつけるプラグだけを交換すると直るケースがほとんどです。それでもシガーライターが使えない場合

シガーライターが故障した時に点検するところ

いちいち見出しをつけるまでもありませんけど、シガーライターが故障した時に点検する方法。

  • 違うソケットプラグをつけてみる
  • ヒューズを点検する
  • 配線を点検する

大雑把にこの3つですね。

まずはシガーライターの部分になんでもいいので他のソケットをつけてみましょう。それこそ100円ショップで売ってるUSBの変換プラグでもOK。作動確認できるパイロットランプが付いてるタイプがわかりやすくてオススメ。

それでもダメならヒューズです。ヒューズボックスでシガーライターやそれに近いヒューズを抜いてきれてないか確認。

最後に配線です。配線の場合はサーキットテスターがおすすすめ。

簡単なテスターでもいいですが、シガーライター本体に繋がっているカプラーを抜いてそこに12Vきているかを点検します。

12Vきていなかったら、今度はプラス側のソケットとボディーアースをテスターで点検。これで12Vきていたら、アース側が断線しているということ。

これでも12Vきていなかったらプラスの上流側で断線しているということになります。

今でも根強いシガーライター。

そろそろ完全禁煙ムードですね。さぁまた禁煙しようかな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)