コルト ブレーキローターの取り外しはとても簡単

コルトです。
型式 Z26A
15年式

c-log873-01
本日はブレーキローターの脱着をやってみたいと思います。

と、いうのも三菱の多くの車はブレーキローターが他のメーカーに比べてとても簡単に取り外しが出来る構造になっている。
それをお伝えします。

c-log873-02
ブレーキローター

通常ブレーキローターを取り外すには、キャリパーをブラケットごとアッセンブリーで取り外す必要がある。
17mmnネジを2本外すとかそういった作業が必要になりますが、コルトに始まる三菱車の多くは違います。とても簡単

c-log873-03
まずはキャリパーの下のネジ14mmを外します

これでキャリパーを持ち上げる

c-log873-04
ただこれだけ。これでもうローターが外せるのです。

簡単でしょう。
もしかしたら固着しているかもしれない。錆びて固着している場合はローターにあるサービスホールにネジをねじ込んでいく

c-log873-05
こうするとナックルとローターの間に隙間が生まれて固着がはがれます。
固着がはがれるとローターは簡単に外せます

c-log873-06
外れたローター

c-log873-07
三菱の軽自動車も同じ構造なので、ネジ1本外すだけでローターをはずすことが出来ます。

というわけでコルトのブレーキローター脱着でした

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)