MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

コルト Z26A ブレーキパッド交換

time 2015/12/23

コルト Z26A ブレーキパッド交換

コルトでもうひとつ
Fブレーキパッドの交換をすることになりましたので
レポート

c-log880-01

コルト
型式 Z26A
15年式

まずはブレーキオイルを少しリザーバータンクより吸い取っておきます。
もし量が多かったら、ブレーキのピストンを戻したときに溢れてしまう。

c-log880-02
ブレーキオイルを抜いたら、キャリパーの下側にある14mmのネジを緩めます

c-log880-03

ネジをはずしたら、キャリパーを上に持ち上げます

c-log880-04
それでこんな状態。この状態でマイナスドライバーなどでこじって
古いブレーキパッドをキャリパーから外す

c-log880-05
古いパッドを外す。一つはパッドにスプリングがついていて
そのちからでキャリパー側に止められている。
少し斜めにすると外れます

c-log880-06
こんな感じで外側のブレーキパッドをキャリパーから外す

c-log880-07

キャリパーからパッドを外した状態

ここに今度は新しいブレーキパッドをセットします

c-log880-08
スプリングがついている外側のパッドにのみシムがついているので移植
c-log880-09
内側のパッドには残量のインジケーターがついているので移植
c-log880-10

インジケーターをとりつけ。

パッドが減ってくると、このインジケーターがローターに接触することにより
ブレーキ鳴きを誘発してオーナーにパッドの残量がないことを知らせる仕組みです

c-log880-11
キャリパーと接触する部分にブレーキグリスを塗布
これでキャリパーに組みつけていく

c-log880-12
内側のパッドをセット。
外側のパッドをキャリパーにはめる前に、ピストンを戻す。
そのほうが、作業効率が良い
c-log880-13

そしてブレーキのピストンを戻してやる。これをしないとキャリパーが収まらない

c-log880-14
飛び出しているピストンを戻しています。ちょっと力がいる。

c-log880-15
ピストンを戻しきったら、外側のブレーキパッドをキャリパーにセットする。
斜めに入れていくのがコツ
c-log880-16
これでブレーキパッドのセットが完了。キャリパーをローターにかぶせる

c-log880-17
ネジを締め付ける。反対側のブレーキパッドも同様に交換した後、

ブレーキオイルの残量をFULLより少し上まで入れる。
あとはブレーキペダルを何度か踏む。これにより戻されたブレーキピストンが規定の場所まで出てきます。
最初ペダルを踏んだときに床までペダルが着いてしまいますが、何度もペダルを踏むと
カチッとしてきます。

最後にもう一度ブレーキオイルの残量をチェックして終了。

ちなみに、パッド交換後はブレーキの利きが甘くなりますので、ゆっくりとあたりと付けていってください。
しばらくすると正常の制動力にもどります。

以上三菱コルトのブレーキパッド交換でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ