クーラントの濃度を濃くしすぎたらどうなる?

ロングライフクーラント、LLCですが、LLCって、ホームセンターなんかに買いに行くと、原液で売っているのがありますよね?
自分で水道水と濃度を調整してつかえるタイプのもの。

このLLCですが、濃度を濃くしすぎるとどうなるか?

img_6128

薄くしすぎると簡単ですよね。凍ってシリンダーブロックを割ってしまう。
では濃くするとどうなるか?

一般にLLCは濃度が60パーセントのものが一番凍らない特性をもっています。
コレより薄くても濃くても氷点が下がってしまうんですよ。
つまり凍りやすくなる。

そしてもう一つ、LLCをいたずらに濃くしすぎるとオーバーヒートにつながるって知っていましたか?
あまりにもLLCを濃くしすぎると、エンジンの熱を吸収できにくくなるんです。

LLCってどろどろしてるじゃないですか?
水で薄めるとさらさらになるけど、このどろどろしたものがエンジンの中を回ってると考えてください。

お世辞にも冷却効果が高いと思えないでしょう?

LLCを濃くしすぎると、熱の伝導がうまくいかなくなるのです。
濃くても60パーセントまでにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Jean-luc より:

    以前乗っていた コルサ は自分で交換して 50% くらいの濃度でした・・、ぎりぎりセーフだったのですね・・。