クーラント交換にかなり便利!スピルフリーファンネルを実際に使ってみた

以前買った工具をこの前試してきました。

その工具はこちら。

クーラントチャージャーです。実際に使ってみましたのでレポートします。

僕が買ったのはこちら。

各種のアタッチメントと本体が付いています。

このように組み合わせて使います。

スピルフリーファンネルを使ってみた

車のクーラントを抜いた後、スピルフリーファンネルをセットします。

ラジエターキャップを外して、そのキャップと同じ大きさのアタッチメントをラジエターに装着します。

アタッチメントを継ぎ足して長い状態で使ってもOK。

長く装着した図です。ラジエターが低い位置にマウントされてたり本体の位置を高くしたい時にする。

今回作業性は悪くないので短いモードにします。

本体をそのままキャップ部分に差し込みます。これだけでOK。

そしてファンネルの中にクーラントを注ぎます。

ラジエターの中にどんどんと飲み込んでいくので、その都度補充します。ラジエター内部にクーラントが入らなくなったらエンジンをかける。

この状態で エンジンをかけることで、エア抜きをしながらクーラントを補充することができます。

冷却水が熱くなってサーモスタットが開くと、ゴボゴボと変化してきます。

上から噴火しているのが見えますが、噴火してもファンネルで受け止めてくれるので汚れません。

そして、電動ファンが回るところまで暖機。完全暖機でエア抜きが終わったら、エンジンを停止。

エンジンを停止すると、ファンネルの中にあるクーラントがまたラジエター内に戻っていきます。完全に冷えるまでこの状態で放置します。

ファンネルの芯棒を押し込んで、本体を外します。

こうするとファンネルに残ったクーラントがこぼれないで車から取り外せます。

このように、水を保持した状態で本体を外す。

あとはキャップを外して、ラジエターキャップをつける。

これで終わり。

クーラントの交換で大変なのは、ある程度の温度になってくるとラジエターからクーラントが噴き出してきてしまう。そのままの状態で放置するとどんどんとクーラントが車から出てしまうので、絶対的な量が足りなくなる。

スピルフリーファンネルは、溢れてきたクーラントを保持したままエア抜きができる画期的なツールです。

これを買ってからクーラントの交換で頭を悩ませることはなくなりました。画期的なアイテムです。

残念ながら僕が買った物は、今在庫切れなので違う商品を試してみてください。

内容物が似ているのがアストロプロダクツの物です。僕が買ったのはもうちょっと安かったけど、この手のツールはとても便利です。

自分でクーラントを交換する機会が多い人は買っておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. オサカダ より:

    この場合のエア抜きってどこの部分から抜くんでしょうね。エンジン内部のエアも抜いてくれるのかしら?ラジエターだけ?