エンジンのクーラント漏れはいろんな場所から起こり得る

ヒーターホースからの水漏れ

CA322590

クーラントって、ある程度の期間を経過してくるといろんなところから漏れてきます。

ラジエターからだったり、ウォーターポンプからだったり、ホースからだったり。

CA322594

古い車に意外と多いのはヒーターホースからの水漏れですね。

ヒーターホースっていうのは、エンジンから室内のヒーターコアにつながるホースなんです。

エンジンルームにエンジンがある場合、エンジンルームの奥のバルクヘッドあたりですね。ここから水が漏れていれば基本的に交換すれば治るんですが、意外とやりにくい。

特に縦置きエンジンになるとスペースが少なくなってきますからね。

今の横置きエンジンもやりにくいけど。

CA322596

もれもれです。

ホースから水漏れがおこるときは大体ホースが劣化してカチカチになっているケースです。

ゴムの弾力性がなくなって、隙間から漏れてくる。

ホースバンドなどで増し締めをしたくなりますが、ヒーターコアを損傷させかねないので素直に交換しましょう。

クーラントって、最近ではスーパークーラントになってほとんど交換しなくなりましたね。

昔は車検ごとに交換するのは当たり前だったんですけどね。

CA322603

ヒーターホースも交換するとしたら全部交換しましょう。

漏れているところだけ交換すると、そこのホースはきちんと圧力を保持できるようになりますが、その圧力が他の劣化しているホースを痛めつけます。

なので他から漏れてくることがありますので、まとめて一気に交換するのがオススメです。

10年10万キロを経過したら一度冷却水のホースを交換するのが無用なトラブルを避ける方法ですね。

車によってはかなりの本数使っている場合もありますけどね。

通常の車ならそんなに本数使っているわけじゃないので。

一度まとめて交換してしまえば、その先10年また使えるということになりますから。

劣化したホースを手で触ってみるとバリバリしています。中身がバリバリ割れてるそんなイメージですね。

そんなホースは早急に交換しましょう。あっという間にやぶれて水漏れをおこしてしまいますから。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)