MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

コンピューターによる整備履歴

time 2015/03/19

本日はコンピューターによる整備履歴というタイトルでお話を進めようと思います。
コンピューターによる整備履歴とはまたハイテクなタイトルですが、これが結構当たり前のようになってきているのが事実です。
昔は整備履歴といえば、まぁ分解整備記録簿を確認するといったことしか出来なかった。
町工場は今でもこれが実情ですが、各ディーラーは違ったりしています。
特に輸入車や高性能車。これは整備履歴がコンピューターに残ったりしています。
一番分かりやすいのが、イグニッションキーにメモリー機能を持たせている。
何か整備をしたら、そこのメモリーへ全て入力されているといったとところ。
一つのディーラーで行った整備では、ディーラーにある顧客情報システムでしか履歴を引き出せないのが今まででした。しかし、このシステムによって、関連ディーラーならいつでもどのような整備を行ってきたかが明確になってしまうということ。
なんでこんなことをしたのかというと、考えられるのは整備の囲い込み。

メーカーから卸された車を販売するディーラーというのは、メーカーの窓口もかねています。
そして、自動車の性能が上がったとはいえ、やはりたまには意外な故障が起こる可能性もある。
こういったとき、きちんと推奨した部品を推奨した時期に適切に交換しているか否か?
これを見極める手段にコンピューターによる整備履歴が使われてくると推測できます。
実際、日産GT-Rなどでは、エンジンオイルは指定のモービル1を使わないと、エンジンが保障期間であってもブローした場合などの保証は対象外にされてしまう。
だけど、キチンと日産ディーラーで交換したという記録をメモリーさせておけば大丈夫。
一昔前は、町工場のフロントマンとディーラーのフロントマンの間にも人情がありました。
おたくの工場できちっと換えていたのであれば、保障にしましょう。といったことですね。
こういった人情な関係が希薄になってしまうんですが、責任を明確にするためにもやはり
整備履歴を残しておくというのがとりあげられているかと。
きちんとディーラーで整備をしていないと、保障が効かない。つまり他所で整備をさせない。
そういった姿勢が目に取るように分かって残念です。
もっと幅広く認証してくれればいいんですが、これからはこういう動きが加速すると予想されます

sponsored link

コメント

  • メーカーによっては純正機以外繋がないでください。汎用機を繋ぐとログが残るからやめてくださいなんて言われることもあると耳にしました。機能制限した純正機でも販売しなければ解決しないような問題で、やってる側としては矛盾すぎてアタマにきます。
    僕は詳しくありませんが、ECUアップデートもリプロも各々で出来る時代なのになんだかなって思ってしまいます。

    by 修理屋35歳 €2015年3月20日 13:38

    • メーカーの診断機も一応購入することができるようになったらしいですが、やはり汎用品でもできる機能を増やして欲しいですね。

      by MHO €2015年3月22日 20:11

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ