MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ゼロクラウン GRS182 リヤブレーキパッド交換

time 2016/08/19

ゼロクラウン GRS182 リヤブレーキパッド交換

ゼロクラウンです。
Rブレーキパッドを交換したのでレポートします

c-log1096-01

クラウン
GRS182
リヤブレーキパッド交換

まずはブレーキオイルのタンクからスポイトで、少しブレーキオイルを吸っておきましょう。
キャリパーのピストンを戻したときのオーバーフローを防ぐため

c-log1096-02
ゼロクラウンのリヤブレーキパッドはピンで留まっているタイプです

c-log1096-03
まずは外側の針金を外します。

これで上下のピンが外れる

c-log1096-04
続いて上のピンを引っこ抜く。プライヤーなどで抜けます

c-log1096-05
抜けた状態

c-log1096-06
同じように下のピンも引っこ抜きます

c-log1096-07
そうしたら下の針金が外せます。これでブレーキパッドはフリーの状態になっています

c-log1096-08
今度はブレーキパッドを引っこ抜く

c-log1096-09
こっち側も

c-log1096-10
飛び出たピストンをウォーターポンププライヤーなどを使って挟み込んで戻す

 

新旧パッド

c-log1096-11
新しいパッドにシムなどを移植する

c-log1096-12
準備完了

c-log1096-13
新しいパッドをセットする。この時2枚入らないようだと、
ピストンを戻しきっていないということです

c-log1096-14
ピンタイプのものは、ブレーキパッド2回に1回の交換でピンと針金を交換したほうがいいと思います。
針金が錆びて折れたらそれだけで、ピンが飛んで行ってしまうからです。

案の定、クラウンの反対側のブレーキパッドのピンが飛んでなくなっていた。
そうしたら、今度は右側のピンになっていた。対策品か?
形が変わっている。

c-log1096-15
下の針金をまずはセット

c-log1096-16
そして上下のピンを通す

c-log1096-17
ピンを通したら、最後にピンの飛散防止の針金をセットする。

c-log1096-18

これで一通りの交換が終わり。

反対側のパッドも交換したら、ブレーキペダルを何回かポンピングする。
踏みしろが出たら、ブレーキオイルをMAXまで補充。

あとは少しあたりがつくまで低速で慣らしをすること

以上ゼロクラウンのリヤブレーキパッド交換でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ