クラウン ベルト鳴きがする ベルト・オートテンショナー交換

クラウンです。
車検で預かったんですが、アイドリング時に異音が聞こえてくるという注文を受けました。

c-log674-01
クラウン。

エンジンの基本点検をすると、この車両は車検から車検までエンジンオイルを交換してない傾向があるみたい。
メカニカルノイズのことをさしているのか?

それと、ベルトがよく鳴くそうです。
ベルトは車両が入ってくる前に注文済みです。

現車を預かって、診断してみると、このクラウンにしては確かにノイズが大きいと感じました。

でもメカニカルノイズではなくて、何かのベアリングが引っかかっているような
ゴリゴリゴリゴリ

といった回転音。

聴診ドライバーで音を探っていくと、補記駆動ベルトのオートテンショナーのベアリングから発生している模様。
これでつながった。

オートテンショナーが故障してしまったからベルト鳴きも発生しているんだと。

追加でオートテンショナーを注文。

c-log674-02
因みにこのエンジンは補記駆動ベルトが一本で全てを介しているサーペインタインベルト。

今はやりのヤツですね。

なのでベルトも長い長い。

問題のオートテンショナーですが、タイミングベルトカバーの奥にネジがついている様子。
もしかしたらタイミングベルトを外さないといけないかなぁ・・・

とりあえずカバーを外してみた

c-log674-03

オートテンショナーは手で押さえているものです。

赤丸3つのネジで止まっています。
どうやらタイミングベルトカバーの一番上を外せば、オートテンショナーは交換が可能です。

c-log674-04
でかいオートテンショナー

因みに手でプーリーを空回りさせるとすぐに異音が発生。末期状態でしたね。

c-log674-05
くれぐれもネジは下に落とさないように。
落としたらクランクプーリーを外して、タイベルカバーの下を外さないと取れないぞ。

c-log674-06

オートテンショナーを取り付けて、ベルトをかけて元に戻して終了。

c-log674-07

以上クラウンのベルト・オートテンショナー交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)