クラウン JZS153 セルモーター脱着

トヨタ クラウン
型式 JZS153

セルモーターが壊れたので、中古と交換することになりました。

ということでセルモーター脱着

c-log1233-01
4WDです。

c-log1233-02
セルモーターの位置ですが、エンジン側からミッションに向かってささっています。
その下には4WDのプロペラシャフト。

隙間は見た感じでは少なくて、ちょっと大変そうな第一印象。

まあとりあえず外してみるかと作業にとりかかりました

最初はバッテリーのマイナスを外しましょう

c-log1233-03
とりあえずプロペラシャフトを外す

c-log1233-04
ネジがご覧の通りの内側6角。舐めないように注意。

c-log1233-05
それでもまだこんな状態。抜けそうにない

c-log1233-06
まさに知恵の輪

c-log1233-07
セルモーターの取り付けは2本です

c-log1233-08
工具を入れてアタック

c-log1233-09
なんとか抜けてきた

c-log1233-10
続いてエンジン側からATのレベルゲージを外す。
そしてセルモーターの配線を外す
これでセルモーターはフリーになっています

c-log1233-11
また下にもぐります。パワステ高圧ホースの固定ステーを外す

もう少し

c-log1233-12
あとは抜いて来るだけだけど、それがなかなか

c-log1233-13
しょうがないので、メンバーのネジをゆるめてメンバーを少し下げて再度アタック

c-log1233-14
ようやく抜けてきた

c-log1233-15
外れたセルモーター

ふふふ。きっとこの工数はすさまじい設定になっているだろう。
と、日整連の工賃表を開いてみたら、なんと0,7時間。

まあそれなりの作業だったということですね。

クラウンのセルモーター脱着でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)