代車を嫌がるお客さんの整備はいろいろ大変だという話

皆さんは、車の車検などを修理工場にお願いしている時に代車って借りていますか?

今回は代車の話。

まず、僕が住んでいる地方では車は一人一台は必要な地域です。

それこそ山間地に住んでいる人などは、バスは1時間に1本もこない。下手すれば1日に2、3本しかこない地域もあるのです。

そして、駅までなんかはるかに遠い。では、病院や買い物に出かけるときどうするか?そりゃ車が必要なわけですよ。

毎日とは言わないけれど、出かける用事ってありますよね。勤め人だと毎日車は使う。

そんな時、2年に1回やってくる車検の次期がやってきた。

代車を乗るのは気がひけるので、車検は1日でお願いします。こういうお客さんが多いのです。気持ちは痛いほどわかりますね。僕も昔FC3Sに乗っていた頃、運送トラックに止まってるところにバックで突っ込まれて板金してもらったことがある。

そんな時もやはり勤めていたわけで車が必要なんです。当然代車を借りました。できた代車が昭和のビスタですよ。AT。100km/h超えればキンコンなりそうな車。20代前半の僕も嫌でしたね。代車。

これがお年寄りで女性のユーザーになると、さらに代車を嫌がる傾向があります。その最大の理由は、乗り慣れない車に乗るのがいやだという理由です。

何年も経過すると車検も時間がかかる

お客さんの言い分も大変によくわかります。僕も一般ユーザーだったらやっぱり代車は嫌です。なぜならぶつけたりしたら嫌でしょ?

その気持ちはよーくわかります。ですが、修理する側から見ると代車を出しているからお時間くださりませー。なのです。

やはり一番は部品が関係してきますね。車検で保安基準上必ず交換しないといけない部品がでたとき。さらにその部品がオーダーしても、数日後にしか届かない時。

代表的な部品が外装系統ですね。ヘッドライトが割れてるとか、テールが割れてるとか。そういうところですね。

灯火類が割れていると、車検に通りません。結構純正部品しか設定がないものが多い。そうなると間に合わないケースがあるんですよ。

社外品で設定がある灯火類ならなんとかなるけど。

修理する側からの意見だと、代車を出しているんだから時間をください。最大限努力してますが、部品が間に合わないからどうしようもないのです。という意見。

ユーザー側からの意見だと、不慣れな代車だから修理はマッハでやってください。こういうケースですね。

この板挟みですごく困った時に、僕は最大の必殺技を繰り出す事があります。それは、来店してもらって30分程度時間をもらう。

その30分で受け入れ検査を一気にやる。そして部品を全て洗い出すのです。

部品を全部揃えた段階で車検の日取りを決める。あとはいかに最短で整備を終わらせるか!ここにかかってきます。

本音をいうと、代車を出しているのだからやっぱり時間はほしいかなぁ・・って。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. nk3 より:

     私は、いろんな車に乗れるので、代車OKです。
     あるディーラーでは、代車の場合誓約書を書かされて、万が一事故を起こした場合は、お客様の保険でお願いしますみたいな内容だったかと覚えています。
     また、以前は代車というと、下取り車あがりのポンコツ車でしたが、最近の代車は新車が多いですね。購入を促す効果があるのでしょうか。

    • MHO より:

      最近入った事務の人は、AT限定免許で営業車がなくて代車で陸運事務所にいかないといけないときはビクビクしています。僕はいろんな車に乗り慣れているけど、一般の人は車っていろんな車種を乗ったことないですからそれぞれ癖がありますしね。