修理期間の代車・レンタカーについての考え方

整備工場に修理を依頼する時、毎日通勤に使う人だと代車が必要になります。

僕もFC3Sに乗っていた頃、トラックにぶつけられて板金に出したことがあるんですが、その時に代車を出してもらいました。

当時、平成15年前後だったんですけど出てきた代車は昭和のトヨタビスタのAT。おいおいこれが代車かよ・・・という印象を受けました。それが生まれて初めて整備工場に出してもらった代車でした。

修理が終わって車を取りに行く前にガソリンを満タンにして引き取りに行ったのを覚えています。

整備工場にとって、代車というのは実は頭痛の種であったりします。まず、代車というものは利益を生み出すことはほとんどありません。

代車がお金を稼いでくれるのは、100−0事故の修理の時だけ。基本的に100−0事故車両で過失がない車両を修理する時は、保険会社からレンタカーが手配してもらえます。レンタカーが必要でない場合、工場代車を出して代車代を1日当たり幾らという計算で修理代に計上してもらえる。

これ以外代車はお金を稼ぎません。整備工場がお金をもらって代車を貸し出すのは法律的にNGになります。それができるのはレンタカーだけなのです。

整備工場にもよりますが、修理中に代車を出す場合代車代を請求する工場も多々あります。うちの工場は基本的に修理中の代車費用は取らない方針なので、この考え方がお店によって違う。

一番困るのが、うちのお客さんが他の車屋さんで修理をした場合。ちょっと遠方で故障してその場所の工場で修理をしてもらうとかそういうケースですね。

修理をした工場が、代車を持っていなくてレンタカーを手配した。修理期間が一週間かかった。修理代金とプラスしてレンタカー代が請求される。これがバカにならない。この前お客さんに見せてもらった請求書には代車がレンタカーを使用して、1日辺り5500円計上されていた。これが7日間。5500円x7日=38500円。

うわーなんじゃこりゃ。恐るべし代車代。修理内容はRrバンパー交換だったんですけど、遠方だったから部品調達などを考慮して1週間かかったのです。

代車代を取らない工場だったら38500円がかからない。厄介なのがレンタカーです。工場代車の場合、代車代はいくらでも調節ができるわけだけどレンタカーは整備工場もレンタカー会社から請求が来る。なので、高額な費用になってしまう。

皆さんが出している整備工場は工場代車を使っていますか?それと代車代って取られていますか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. もち より:

    8年ほど前の話です。スバルのフォレスターに乗っていたものですが0-10の事故をもらっちゃいまして、見積もりをディーラーに任せてそのまま修理をお願いしました。その際に台車を出して頂いたんですが確か1日6000円ほど掛かりました。加害者に伝えたところ納得がいかなかったらしく、ディーラーに問い合わせてくれとしか言えませんでしたね(無保険だったので大変でした…)

    • MHO より:

      これは一番怖いケースですよね。僕も自分のお客さんが0−10事故をくらった時、とにかく相手の保険が動くかどうかを確認します。そして、保険を動かさないで自費で相手が払うと言われた場合、まずは修理代はお客さん請求になります。お客さんから相手に請求をしてくださいと了承をもらってから修理に入ります。
      代車は可能な限り工場代車を用意します。レンタカーだと取りっぱぐれで相当モメることは必死ですからね・・。10-0事故を起こしたら素直に保険で対応するのが一番いいですよね。