スカイライン 電子制御スロットルに堆積した驚愕のカーボンの量!

V35スカイラインです
今日は興味深いものを取ってきました。

c-log963-01
V35スカイラインには、電子制御スロットルが採用されています。

この電子制御スロットルについては、このサイトでも色々なことをお伝えしました。

電子制御スロットルは、アクセルペダルとスロットルバルブがワイヤーで連結されている、従来の機械式とは違い、
アクセルペダルのセンサーとエンジンや走行状況を計算して、
ECUが電子制御スロットルのスロットルバルブ部分のモーターの開閉を指示する仕組み。

これによって人間以上のきめ細かい制御ができるということになります。

そして、電子制御スロットルをいじることはタブーとされてきました。
アイドリングが不安定になったからエンジンコンディショナーで清掃するといった
従来の整備を行うとすぐに壊れてしまう。

そして新品に交換したら、学習をさせないといけないのも電制スロットルの特徴。

今回のスカイラインはエンジンが不調でたまにストールする。
チェックランプもつく。という故障から原因を特定して、電子制御スロットルを交換する運びとなりました。

外した電子制御スロットルを見たらびっくりした

c-log963-02
まあ普通だと思うでしょう?

でもそうじゃなかった

c-log963-03
裏が凄い。カーボンがびっちり溜まっている

こりゃ不調になるわけだ

c-log963-04
エアクリーナー側はこのくらいの汚れだったんですよ。なので、そんなによごれてないのに
どうしてぶっ壊れるんだろうと思ったわけです

半信半疑で電子制御スロットルを外すと裏がこんな状態でしょ?

c-log963-05

この最大の原因はエンジンオイルの入れすぎによるブローバイの吹き返しです。
走行距離は13万キロだったけれど、エンジンオイルは量を入れすぎると

クランクケースの圧力が上がってしまい、ブローバイとしてインテークに戻ってくる。
それがスロットルまで汚してしまう

なので電子制御スロットルの搭載車のエンジンはオイルを絶対に入れすぎてはいけない。
どちらかというと、満タンまで入れないで、マメにレベルチェックをしたほうがいいかもしれない

c-log963-06

現代の車はエンジンオイルの入れすぎは気をつけましょう。
入れすぎは本当に厳禁です

以上壊れた電子制御スロットルの汚れでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. すぺ より:

    V35スカイラインのVQ25DD/30DD/35DEエンジンは直噴なんですね。
    トヨタのGRエンジンではスロットルと吸気バルブの傘のカーボン堆積がひどいみたいです。
    http://minato-motors.com/blog/?p=6843

    どうも原因はオイルの入れすぎだけでなく直噴も原因の一つみたいです。
    他の直噴エンジンでもカーボンの堆積は多い印象ありますか?

    • MHO より:

      昔のGDIのカーボンは半端じゃなかったですけどね。
      今の直噴はかなり綺麗にコントロールできてはいると思うんですけどね。

  2. すぺ より:

    良くなってきてはいるんですね。自分の30プリウスも直噴なのでちょっと心配してましたが9万キロ走っても特に問題は感じられず調子良いです。

  3. 元スバルの糞メカニック より:

    直噴エンジンはPM2.5を排出しているらしいと噂されています。
    それこそ、走行中の排ガス中の濃度計が要りますね・・・

    • MHO より:

      そうなんですね・・PMですか。車検でもガソリン車の排気ガスはアイドリングで計測してますからね。なかなか難しい問題ですね