折れたロッカーアーム?DOHCミニカトッポ

これは何か!?
なんとロッカーアームが折れています!!

c-log546-01
三菱のミニカトッポ

DOHCの5バルブです。
いわゆるダンガンミニカと同じ5バルブエンジンですね。

このロッカーアームが折れちゃったんですよ。

c-log546-02

どーですか?

不自然な位置にロッカーアームがありますね。

c-log546-03

僕も自分の目を疑った。
まさかロッカーアームが折れているなんて

いや、エンジンがかからないって車だったんですよ。
で、セルを回すとなんかタイベルが切れているようなものすごい軽く回ってるのね。

いやな予感がして、フィラーキャップを開けてエンジンをかけてもらったらカムがまわっていた。

タイミングベルトは切れてはいない。
でもなにこれ?

圧縮がないような回り方なんですよ。
プラグを全て外した状態でセルを回すような

そんな感じ。

で、しばらくセルを回していたら

がきっぃいぃ

と、ロックして完全にセルが回らなくなった。

ロッカーアームが折れた瞬間でした。

カムを外してロッカーアームを交換してタイベルを組みなおせば、直るかもしれない。
でもどこかでバルブが突いているかもしれないってことで廃車になりました。

いやーSRエンジンが高回転でサージングを起こして
ロッカーアームがぶっ飛ぶならわかるけど

まだ走行2万キロのトッポがロッカーアームが折れちゃうなんてね。

タイミングベルトがコマとびしていたのかもしれません。
真相は闇の中ですが、やっぱりタイミングベルトは10万キロ交換も大事ですが

10年たったら距離乗っていなくても交換を視野に入れたほうが
安全だと実感しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする