MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ドア調整

time 2014/12/14

ドア調整

今日はチト変わった整備をしました。

まずはその特殊工具からご覧ください

door-a1

これは一体何に使うものでしょうか!?

ヒントは、古い車にはテキメン!!


















はい、意味わからないですねそうですね。

これはドアを上げる工具です

(゜Д゜)??

はい、説明しますね。

スポンサードリンク

古い車というか、年式のたっている車というのは、
ドアを開けたときに

ガタン

って下がる車がたまにありますよね?

そしてドアを閉めようとすると

ちょっとしまりづらい奴。

こいつを修理するってわけです。

原因は簡単で、ドアが重みで下がってきているため。
特に2ドアの車などはドアがでかいので下がりぎみで、ドアが閉まりづらくなりがちです。

これを

door-a2
先端はこんな形状で、

このように使います。

door-a3
ドアのキャッチに工具の先っぽをかませてロックします。

door-a4
こんな感じで。解除は当然ドアのノブを引っ張ると解除されます。

この状態で

door-a5
キャッチの受けの部分を支点にしてテコの原理でドアを持ち上げます。

どおりゃぁぁぁぁぁぁ

なんだ!結局人力かよ!?

といわれるとそのとおりなんですが、
経年劣化でドアのヒンジ部分に負担がかかってドアがさがってくるのです。
それを結局は人力であげろってことなんですよね。

 

 

ドアのキャッチの受けの部分は多少調整できるので
ベストなところであわせてあげます。

ドアのしまりの悪いオーナーの皆さん、

MHOといっしょにどうですか?

door-a6

ふんがぁぁぁぁぁぁっぁ

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ