優秀だと思うトヨタ・ダイハツ系のドレンパッキン

エンジンオイルの交換をする時、必ず交換するのがドレンパッキン。

ドレンパッキンっていうのは、オイルドレンボルトのパッキンです。

オイルパンの底についているボルトで、外すとオイルを排出する。

当然ドレンボルトを外した後っていうと、パッキンを交換しないといけない。

そうしないとドレンボルトを取り付けたとしてもオイルがポタポタと漏れてきてしまいます。

ドレンボルトのパッキンって、メーカーによって形状が違います。

この中で僕が一番いいなぁと思うのはトヨタ・ダイハツのドレンボルトパッキン。これが優秀。ただしオイルパンが鉄に限り。

最近のダイハツ車はオイルパンがアルミだから通用しないお話なので除外してください。

トヨタ・ダイハツ系のドレンパッキンの何がすごいのかっていうと、再利用しても漏れてこないこと。

これがトヨタ・ダイハツ系のドレンパッキンです。

相手が鉄のオイルパンであれば再利用しても漏れてこない。おそらく潰れしろが他のパッキンよりも優れているのでしょうね。

ただしお客さんの車は必ずドレンパッキン交換しています。会社のサービスカーなどは何回か再利用したりします。

スバルなどのドレンパッキンは潰しパッキンなので、必ず1回ごとに交換しないと漏れてきます。いろいろ試してきたけれど、この手のパッキンは再利用はダメです。

昔の日産のドレンパッキンもそうです。こういうカサが付いていて潰れて密着する。一度潰しちゃうと再利用無理。

画像が悪いですけど、こういうアルミ製のドレンパッキンも再利用は難しいでしょう。

トヨタ・ダイハツのドレンパッキンで相手が鉄のオイルパン。これに勝る最強コンビはないのである!

話を戻して、オススメなのがこれ。

昔乗っていた車につけたマグネットドレンボルトです。

エンジン内部の鉄粉をオイルと一緒に綺麗に排出してくれます。ミッションやデフのドレンボルトには磁石が付いているのになんでエンジンにはついていないのか?

装着してみると少なからず鉄粉は付着しています。純正のドレンボルトからマグネット式ドレンボルトに交換するのはとてもおすすめ。

変更する時はきちんと適合するものを選んでください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)