クリーンディーゼルのマフラーについて

クリーンディーゼルのマフラーについてです。

今のクリーンディーゼルには、どれもなかなかお高いマフラーが付いています。昔のディーゼルと比べて、排気ガスが劇的に綺麗になっている背景でマフラーには高価な触媒が付いています。

このマフラーですが、やはり低速運転を続けたりするとススが溜まってきてしまう。それをDPFの強制燃焼をかけて、自動的に洗浄しています。

メーカーによってもまちまちですが、DPFを手動再生しないといけませんよ。

という警告表示が点灯したらきちんと手動で再生しないといけません。

中にはそのまま走り続けてしまうドライバーさんもいます。

そのまま走り続けてしまうと、今度は手動でDPFを除去できなくなってしまいます。

手動再生ができなくなると、ディーラーの診断機を繋がないと除去できなくなってしまいます。大体がエンジンチェックランプも点灯しちゃうのです。

コンピューターにはどのぐらいのスパンでDPFの再生をしたかのログが残っています。ひどいものになると、手動再生表示が出て1分も再生しないまますぐに走り出すというのを繰り返したお客さんもいました。

当然手動では再生できなくなり、入院。マフラーを脱着して内部を清掃するといった大掛かりな処置が必要になりました。

メーカーによってはマフラーの値段も数十万単位になりますのできちんとDPFは再生するようにしましょう。

あとたまにはエンジンに負荷を与えた状態で、運転してあげるのもディーゼルには大事です。

チョイ乗りとか街乗りっていうのはディーゼルには不向きなシチュエーションです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)