MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ドライブシャフトブーツ交換

time 2014/11/29

ドライブシャフトブーツ交換

今日はドライブシャフトブーツについていってましょう!

ドライブシャフトには、ゴムのブーツがついていて、
中にグリスが入っていてベアリングを保護しています。

もしドライブブーツが破けてグリスが飛び散ったままにしておくと
ドライブシャフトが駄目になります

左右にハンドルを切って、前進すると
すごい大きな音で

がりがりがりがり

という音がします。

こうなったらもう駄目。ドライブシャフトを交換しないと音は
消えないし、最悪シャフトも駄目になって走行不能になります。

もちろんそうなるのを防いでいるのがブーツなんですが、
これが切れていると車検にも落っこちます。
一昔前は、ブーツが破けてたら、ドライブシャフトを取り外してばらして
ブーツを組み付けたんですが、今では

半割りタイプのブーツが出回っているため
作業は非常に簡単です。

てなわけで、ドライブブーツの交換です!

drive-s-b1
ハンドルを切って、ブーツを広げてみると縦に亀裂が走っています。
これはもう交換です。

いつ穴が開くか分からないからね。

drive-s-b2
亀裂ね。この辺ならまだセーフだけど、深い亀裂もあったので交換となりました。

まずはブーツを止めている金具をきります

drive-s-b3
アウター側とインナー側の2箇所ね。

ペンチできることが出来ます。

drive-s-b4
金具を取り外します。

インナー側の小さい金具もきります

drive-s-b5
ペンチでぷちっとな。

drive-s-b6
二つとも金具をきったら、ドライブシャフトブーツをずらします。

drive-s-b7
こんな感じで素手でブーツをずらします。
で、ブーツを切って、シャフトから取り外します

drive-s-b8
ちょきちょきちょき

drive-s-b9
きったらシャフトからブーツをとります

drive-s-b10
グリスが中に入っていて汚い。

シャフトを、ウエスなどでキレイに拭いてください。
古いグリスを取り除きます

drive-s-b11
グリスぐちゃぐちゃなのを

drive-s-b12
キレイにふこうね。

そしたら新しいブーツ登場

drive-s-b13
ピットワークの半割り型のウレタンブーツ。

キット内容は

ブーツ
グロメット2つ(シャフトとブーツの間に入れるもの)
取り付け金具2つ
融着剤
加熱シート
グリス

以上です。

drive-s-b14
新しいブーツを、接着する前に、仮止めしてみようね。
もしサイズが違ってたら最悪だから。

drive-s-b15
割れている部分にこういう溝があるので、ここに接着剤をたっぷりと入れてあげます。
接着剤を入れるのは、ブーツをシャフトに取り付けてからね。
目に入ると超痛いよ!この接着剤!

drive-s-b16
こんな感じでブーツを、シャフトに引っ掛けておいて、
接着剤を入れます

drive-s-b17
コレ

drive-s-b18
すみからすみまでね。

接着剤を入れたら、ブーツを結合させます。
この時ちゃんとはめてね。じゃないとずれたままくっついちゃったりするからね。
ブーツを結合したら加熱シートで接着部分を加熱します。

drive-s-b19
結合完了。少しは接着剤はみだすけどまぁ大丈夫

drive-s-b20
加熱シートは袋から取り出すと速攻であっちっちぃになります。

接着した部分に貼り付けます。
両側がテープになっていますので。

drive-s-b21
これで最低8分は待ちましょう。

MHOはシートが冷たくなるまで放っておきます。









シートが冷たくなったら取り外します

drive-s-b22
どんなに上手く結合させたと思っても、多少は浮いちゃうんだよね。
まぁ強度的には問題なし

そして大きいほうのグロメットをブーツにはめます。

drive-s-b23
ふちの黒いのがグロメットね。
グロメットの切れてる部分とブーツの結合部分は重ならないようにして。
グリス漏れを防止するため。

大きいほうのグロメットをブーツにはめたら、
シャフトのベアリング部分に付属のグリスをたっぷり塗ります

drive-s-b24
たっぷりと。

そしたら、ブーツをはめます

drive-s-b25
手で押し込んでやるとはまります。

ブーツがはまったら、小型のグロメットをつけます

drive-s-b26
これをシャフトのへこんでる部分とブーツの間にいれます。
これは結構力が必要だけど、スポッとはまります。

drive-s-b27
はまったらあとは取り付けの金具をつけるだけ

drive-s-b28
まず①を折り曲げて、②と③を内側に叩いて①を固定します。
説明書にかいてあるからね。マイナスドライバー2本とプライヤー一本でできます。
これも大きいほうから

drive-s-b29
小さいほうへ

コレで完成

drive-s-b30
どうだい?簡単でしょう!?

シャフトを抜いてはめるタイプに比べて耐久的には劣るけどこれでも充分だよ。

皆さんもブーツの寿命が着たら自分で交換してみてください。

MHOショップでは分割式ドライブシャフトブーツも販売しています。
是非ご検討ください

MHOショップによる
ドライブシャフトブーツ

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ