割れたブレーキドラム ブレーキドラムを交換する理由

ブレーキドラムです。
ブレーキドラムも時として、交換が必要な場合も出てきます。
今回はそんなお話です。

c-log673-01
ブレーキドラム。

ディスクブレーキとは違って、ドラムブレーキは中にブレーキシューが入っていて、そのブレーキシューがブレーキペダルを踏んだ際に広がってブレーキドラムに密着させて制動を起こすシステムです。

基本的にブレーキパットよりも表面積が稼げるので制動力はディスクブレーキよりも高い。

でも、中に水が入ったりするとなかなか水が出て行かないのでちょっと困ったりします。

予断ですが、ブレーキドラムの内部にグリスを塗るとまったくブレーキが効かなくなります。コレも経験談です。
大型ブレーキのドラムをハブごとはずした際に組み付けるときにグリスが中にちょっとこぼれてしまった。

そうすると恐ろしいことにいくらブレーキを踏んでも全く制動が出なくなってしまいます。

今回はブレーキドラムを交換するときの話。

c-log673-02
理由はこの通り。

亀裂が入っています。

車両はサンバーですが、このまま使ってると、シャフトに引っかかっている部分とブレーキドラムの周りが、急激なブレーキング時にばかっと割れてしまう可能性があるために交換となりました。

c-log673-03
新品は一枚約一万円

c-log673-04

c-log673-05
新旧比較。

c-log673-06

12ヶ月点検や車検時にはブレーキの残圧や、液漏れを点検するためにドラムを外します。

その際、ドラムは固着しているものが殆どで、プラスチックハンマーで叩いたり、サービスホールにネジを入れてドラムを浮かせたりと、ブレーキドラムを取るのはなかなか骨が折れます。

こういうときに無理に外そうとすると、今回みたいに亀裂が走る可能性がありますね。

それと、やっぱり錆が原因のことも多い。

因みにブレーキローターの研磨って聞いたことがあるでしょう?

ブレーキドラムのインナー研磨もできるということを知っていましたか?
コレは予断ですが、ブレーキドラムの交換についてでした。

もしユーザー車検を通しているひとは、ブレーキドラムにもシャーシブラックを吹いておきましょう。耐熱タイプのものですよ


錆はやっぱり大敵です。

以上ドラムについてでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 修理屋35歳 より:

    気をつけて作業するようにします。
    外す前にそうなってないか気にしてみるようにもします。