MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

三菱 EKワゴン H81W タイミングベルト・ウォーターポンプ交換

time 2015/04/19

三菱 EKワゴン H81W タイミングベルト・ウォーターポンプ交換

ek-h81w-timingbelt1

ミツビシのEKワゴンです。型式はH81W。10万キロということでタイミングベルト一式を交換することになりました。

今回交換する部品は

エンジンオイル

クーラント

補機駆動ベルト

タイミングベルト

テンショナー

ウォーターポンプ

カムシャフトオイルシール

クランクシャフトオイルシール

オイルポンプオイルシール

オイルポンプボディパッキン

ek-h81w-timingbelt2

エンジンは3G83です。オイルとクーラントを抜いておきます。オイルも交換時期に来ていました。

ek-h81w-timingbelt3

エアクリーナーのダクトを外す

ek-h81w-timingbelt4

フロントの右タイヤを外して、フェンダーの奥のカバーを外す

ek-h81w-timingbelt5

エンジンが見えます。補機駆動ベルトを外します。

ek-h81w-timingbelt6

 

オートテンショナー方式です。

ek-h81w-timingbelt7

クランクプーリーを外す。

ek-h81w-timingbelt8

オートテンショナーを外します。

ek-h81w-timingbelt9

下から覗いた図です。ウォーターポンプのプーリーも外した後です。続いて補機駆動ベルトのアイドラーベアリングも外す

ek-h81w-timingbelt10

オイルレベルゲージも外したらこのような状態です。これは上からエンジンを見ています。

ek-h81w-timingbelt11

タイミングベルトカバーを外します。

ek-h81w-timingbelt12

タイミングベルトが見えました。

ek-h81w-timingbelt13

タイミングを1番圧縮上死点に合わせる。

ek-h81w-timingbelt14

3G83はタイミングは3箇所合わせます。バランサーシャフトが入っています。

ek-h81w-timingbelt15

カムのタイミング。

ek-h81w-timingbelt16

タイミングベルトを外す前に、オイルポンプの12mmのナットを緩めておく。

ek-h81w-timingbelt17

カムシャフトのスプロケットを外します。

ek-h81w-timingbelt18

スプロケットを外した図。

ek-h81w-timingbelt19

奥のベルトカバーも外します。これでカムシャフトのオイルシールが交換できます。

ek-h81w-timingbelt20

オイルシールは長年立っているとカチカチです。

ek-h81w-timingbelt21

ウォーターポンプはオルタネーターが接続されているので、ネジを外してオルタネーターを後方へずらしておく。

ek-h81w-timingbelt22

オイルポンプのスプロケットを外した図。

ek-h81w-timingbelt24

クランクシャフトのスプロケットも外しました。

ek-h81w-timingbelt25

ウォーターポンプを外します。クーラントが出てくるので注意

ek-h81w-timingbelt26

この三菱のウォーターポンプのパッキンが強力なんですよ。

こういった商品を使うのが手かもしれないですね。

ek-h81w-timingbelt27

ウォーターポンプのパッキンをはがすのが一番時間がかかる作業です。

ek-h81w-timingbelt28

新しいウォーターポンプ。

ek-h81w-timingbelt29

パッキンは紙タイプ

ek-h81w-timingbelt30

ウォーターポンプを組み付けます。

ek-h81w-timingbelt31

ポンプを組んだらオルタネーターと接続しておく。

ek-h81w-timingbelt32

カムシャフトのオイルシールを交換。

ek-h81w-timingbelt33

新品を打ち込みます。36mmのソケットで打ち込むとぴったり。

ek-h81w-timingbelt34

スプロケットをつけて規定トルクで締め付けます。

ek-h81w-timingbelt35

続いてクランクのオイルシール

ek-h81w-timingbelt36

新品を打ち込みます。

ek-h81w-timingbelt37

オイルポンプはカバーごと外します。

ek-h81w-timingbelt38

この状態でオイルシールを交換。

ek-h81w-timingbelt40

ボディのパッキンも交換

ek-h81w-timingbelt41

オイルポンプはバランサーシャフトのタイミングを合わせているのでマークがきちんとあってるか見ておきましょう。

ek-h81w-timingbelt42

オイルポンプを組み付けます。

ek-h81w-timingbelt43

新しいタイミングベルト。回転方向が記載されているものがあるので確認してください。

ek-h81w-timingbelt44

テンショナーのスプリングが固いんですよ。これ。

ek-h81w-timingbelt45

マークがあってるかを確認。

ek-h81w-timingbelt46

カムもあっている。

ek-h81w-timingbelt48

マニュアルで支持されたところまで回転させて、テンショナーのネジをロックします。

ek-h81w-timingbelt49

タイミングベルトカバーをつけて

ek-h81w-timingbelt50

プーリーをつける。

ek-h81w-timingbelt51

ベルトをかけて復元していきます。

ek-h81w-timingbelt52

このベルトは長くて、エアコンのところで溝がずれやすいので確認してください。

ek-h81w-timingbelt53

あとはクーラントとオイルを入れる。クーラントはエア抜きをしてください。

ek-h81w-timingbelt54

エアが抜けたら終了。

EKワゴンのタイミングベルト交換でした。

各締め付けトルクを記載しておきます。

クランクシャフトプーリー 118±4 N・m

オイルポンプスプロケットボルト 53±3 N・m

カムシャフトスプロケット 89±9 N・m

タイミングベルトテンショナー 26±3 N・m

sponsored link

コメント

  • こんばんは

    1つ確認したいですが、カム、クランクのオイルシールを
    外す際には何か特殊工具を使われていますか?

    それともマイナスドライバーのようなものでシャフトに傷つけないように注意しながら外されていますか?

    by 整備士 €2015年4月19日 21:31

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ