MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

オルティア EL-3 ブレーキパッド交換

time 2016/07/12

オルティア EL-3 ブレーキパッド交換

ホンダのオルティアです
ブレーキパッドを交換したのでその様子をレポートします

c-log1062-01

型式 EL-3
平成8年式

フロントブレーキパッドを交換する前に、ブレーキのリザーバータンクにある
フルードをスポイトなどで少し吸い取っておきましょう。
ピストンを戻したときにオーバーフローする可能性があるのでそれを防ぐため

c-log1062-02
では交換にはいります。まずはキャリパーの下のネジを外す

c-log1062-03
続いてブレーキキャリパーを持ち上げます

c-log1062-04
が、しかしブレーキホースのとりまわし上、キャリパーが上に持ち上がらない。
なので、ホースをナックルに固定している12mmのネジを外して、ブレーキホースを少し動くようにする

c-log1062-05
これでキャリパーが外せる

c-log1062-06
古いブレーキパッドを外す

新旧パッド

c-log1062-07
新しいパッドにシムを移植してブレーキグリスをキャリパーと当たる部分に塗布。
間違ってもローターとの接触面にぬらないように

おすすめパッドグリスです

c-log1062-08
これでキャリパーへ取り付ける

c-log1062-09
斜めにしながらいれていく

c-log1062-10
入ったら、キャリパーをセット

c-log1062-11
ウォーターポンププライヤーなどを用いて飛び出したピストンを戻す。
このとき、ブレーキオイルを抜いておかないとタンクからオーバーフローしてしまいます

c-log1062-12
もどしたらキャリパーのネジをつければ終わり。

反対のブレーキパッドも交換したら、ブレーキペダルを何回かポンピングしてふみしろを出してください。
そして、踏みしろが出たら、ブレーキオイルをMAXまでタンクに補充。

あとは少しずつ慣らしをしながら走行しましょう。
最初はブレーキのあたりが出ていないので全然ききません。

オルティアのブレーキパッド交換でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ