MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

いすづ エルフ ブレーキパッド交換

time 2016/01/22

いすづ エルフ ブレーキパッド交換

いすづエルフのフロントブレーキパッド交換をレポートしたいと思います。

c-log900-01

U-NHS55EA
平成4年式

まずはブレーキオイルをサブタンクから少し抜いておきましょう。
キャリパーのピストンを戻したときに溢れるのを防ぐため。

c-log900-02
キャリパーの下のネジを外します。19mm。ビックリするくらい固い。

c-log900-03
ネジをはずしたら、キャリパーを上に持ち上げます。

c-log900-04
この状態でブレーキパッドを取り外します

c-log900-05
マイナスドライバーでこじってやると外れやすい

c-log900-06
新しいブレーキパッドにシムを付け替える

c-log900-07
新しいブレーキパッドをブレーキキャリパーへ装着します

c-log900-08
外側

c-log900-09
内側

パッドグリスにはワコーズのブレーキプロテクターが最高です。

内側のブレーキパッドのシムはキャリパーのピストンについている。
ピストンを戻す際に邪魔になるので一度取り外す

c-log900-10

ブレーキキャリパーのピストンを戻します。

c-log900-11
インナーのシムを外したら、キャリパーのピストンを先に下のものを戻す。(取り付け時は上に来るピストンの方)

c-log900-12
そうしたら、キャリパーを半分だけ被せる。この状態でもう一つのピストンをはさみこんで戻す。
こうすると、先ほど戻したピストンはブレーキパッドに接触してそれ以上飛び出てこないからやりやすい。

2つのピストンを戻してキャリパーが元の位置に収まったら、再びキャリパーを持ち上げて、
インナーパッドのシムを再装着

c-log900-13
シムを忘れずにつける

c-log900-14
シムをつけたら、キャリパーを元に戻す

c-log900-15
最後に19mmのキャリパーのネジを締めて終わり。

ブレーキパッドを交換したら、ブレーキオイルの量を調整することと、
はじめは当たりがついていないので、制動力が弱いからしばらく当たりを出すことを忘れないこと。

以上でエルフのブレーキパッド交換終了です

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ