MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

エルフ NKR81EA 水抜き警告灯のリセット方法

time 2015/10/17

エルフ NKR81EA 水抜き警告灯のリセット方法

いすづエルフです。
いすづエルフ
15年式
形式 KR-NKR81EA
原動機 4HL1

という車両ですが、お客さんからの修理依頼は
燃料の水抜き警告灯が点灯したので修理してくれという依頼。
それとエンジンオイルとオイルフィルターも交換してくださいと。

c-log805-01
いすづエルフ
15年式
形式 KR-NKR81EA
原動機 4HL1

この4HL1というエンジンは、コモンレール採用の新型ディーゼルエンジン。
オイルとオイルフィルター交換でエンジンオイルは10リットル入ります。
ちゃっちゃと交換をすませて、問題の燃料の水抜き警告灯に取り掛かることに。

走行距離は30020km。

実はこのいすづのエルフは3万キロ走ったら、メーターの水抜き警告灯を点灯させるシステムになっています。
燃料フィルターに水が入ろうが入るまいが、3万キロで点灯します。
これは燃料系統を保護するためですね。
燃料ポンプやコモンレールシステムなどに水が混入すると、燃料系統を壊しかねないので
水抜き警告灯が点灯するようにできているそうです。

なので、燃料フィルターは3万キロに一度交換をするように促していると。
というわけで、今回もエンジンオイルとオイルフィルターと燃料フィルターを交換しました。
が、燃料フィルターを交換しただけでは3万キロ時点での水抜き警告灯は消えてくれない。

このエルフの水抜き警告灯のシステムをリセットさせる方法は

c-log805-02

 

 
水抜き警告灯リセット方法

①イグニッションキーをONにする

②ライトスイッチをON、OFF。これを3~4回繰り返します。

そうすると水抜き警告灯が点滅します。水抜き警告灯が点滅したらリセットが完了。

③としてイグニッションキーをOFFにします。

もう一度イグニッションキーをONにすると、点灯しっぱなしだった水抜き警告灯は消えています。
また3万キロ走行時に点灯するというわけですね。

以上いすづエルフの水抜き警告灯のリセット方法でした。

年式によってやり方がかわります。車両形式が今回の車両と似ている、もしくは近い年式のものは
この方法で出来ると思いますのでやってみてください。

因みに燃料フィルターは3万キロに一度交換するようにしてくださいね。

コモンレールディーゼルはエンジンオイルをマメに換えないといけません。
オイル燃料がたまって希釈されやすくなります。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ