エルフ タンクローリー リーフスプリング折れたので交換した

c-log1036-16

エルフの車検。最後の更新です。
リーフスプリングがなんと割れている。
ということで交換

c-log1036-01
どうですか?割れていますね。本当に

c-log1036-02
とりえあずまずはショックアブソーバーを外す

c-log1036-03
リーフを束ねているトルクスのネジを外す

c-log1036-04
つづいて24mmのナットを4箇所緩める。が、しかしこれがゆるまない
結局火であぶらないと手も足もでなかった。スピンナーとソケットが割れちゃう

c-log1036-05
ここで気づく。ああ、このUボルトも注文すべきだった。と。急いで追加注文

c-log1036-06
上3本は車体につなげた状態で、交換する。そうすればリーフをリジッドラックでささえていればいい

c-log1036-07
あとはリフトで車を上に持ち上げればリーフが降りる

c-log1036-08
折れたリーフを抜いて新品に差し替える

つづいて

c-log1036-09
これで今度は慎重にリフトを下ろしてドッキング

c-log1036-10
シャキーン

c-log1036-11
そうしてUボルトも交換

c-log1036-12
簡単なように書いていますが、このUボルトの24mmのナットを8箇所緩めるのに1時間以上かかっています。
一つ一つあぶりながら慎重にやって。

超大変

c-log1036-13
ショックアブソーバーも取り付ける

c-log1036-14
パスターを吹く

c-log1036-15
完成。エルフのローリーの車検でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)