燃焼室のカーボンを取ることによる効果とは?

車検工場などで、よくセールスしてくる

「燃焼室のカーボンクリーニング」

これって一体どういうものか?

うちの会社でも、ワコーズとは違った溶剤を使った燃焼室のクリーニングをやっています。やりかたはやっぱりワコーズのものと同じ。

インテークの負圧部分から溶剤を少しずつ吸わせるだけです。ブレーキブースターに繋がる負圧ホースを外して接続するのが簡単です。

それでは、燃焼室のカーボンを取り除くことによってどんな効果があるかを考えてみましょう。

これらカーボンクリーニングはインテークから溶剤を吸わせます。

つまり、スロットルバルブ以降のインテークマニホールド内も綺麗になる。そして溶剤はそのままインテークバルブから燃焼室へ吸入される。

インテークバルブ周りと燃焼室まで綺麗になるという算段です。

考えられる効果として、インテークパイプのカーボンを除去することによる、スムーズな吸気が戻る。ガムガムワニス状のカーボンがなくなるので、吸気の流れがスムーズになる。

そしてインテークバルブに付着しているカーボンも落ちるので、ほんの少しは圧縮が上がるかもしれない。バルブは常に開閉しているから、シートとの接触面にはそんなにカーボンは堆積しないはずですけど。

最後に一番効果が上がると考えられるのが、ピストントップと燃焼室を清掃することによるノッキングなどの減少。

燃焼室にカーボンがたまるとノッキングも起こしやすくなる。うまく火がつきにくくなります。これらを清掃することによって新車に近い燃焼室状態に戻せる。

ただ、現在のハイオクガソリンにはほとんどが洗浄性能をもっています。ハイオクを入れるだけでもインテーク側が綺麗になると石油メーカーもうたっているので、効果があるのは低速で走っている街乗りガソリン車かな。

試してみるととにかく白煙がすごく出ます。

勢いよく溶剤を吸わせるとエンジンチェックランプが点灯することもあります。O2センサに負担もかかるので、慎重に行ってください。

1万キロに1回程度ずつやればいいんじゃないですかね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)