MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

エンジンルームを開ける頻度

time 2015/04/03

エンジンルームを開ける頻度

昔車を買って間もないころ、世話になっていた人に
「お前はエンジンルームをどの位の頻度で開ける?」
と聞かれた事があります。
当時は毎晩峠で走りまわっていたので、夜中に帰ってきてはエンジンルームを開けていました。
熱を冷ますためにやっていたことですけどね。
皆さんはエンジンルームをどの位の頻度で開けますか?
整備士になってからも結構な頻度でエンジンルームを開けています。
子供を外で遊ばせている時など、暇があればエンジンルームを開けたり。
エンジンルームにはメンテナンスしなければいけないものがギッシリ詰まっています。
昔オイルクーラーをつけた時、オイルブロックのオイルプレッシャーセンサーの取り出し口の穴に液体パッキンを塗らないでめくらネジを締めた。
そうしたらオイルがもれていたんですよね。当然。

solio-ma15s-waterpump35

でも自分の車はキッチリメンテナンスしているという自負があったので開けなかった。
たまに開けたらなんか変慌ててゲージを抜くとfullまであったはずのオイルがなんと下限ギリギリになっていた。
これで車な不足の事態が起こり得ると考えを改めて、普段整備士をやってあるていど車の管理をしていても定期的にエンジンルームを開ける癖をつけるようにしました。
水温計をつけてジョイントから何年かたって水漏れを起こしたこともありました。
今まではなんともなかったのに…
こういう経験からエンジンルームはきちんと整備していても開けた方がいいと感じるようになったわけですね。
トラブルの前兆を見逃さなければ大きな故障にはならないと思います

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ