エンジン換装な話

エンジン換装。いわゆる載せ換えです。
理由はさまざまあると思います。昔はエンジンをオーバーホールして使ったことが主流でした。
それは、リビルトエンジンの設定がなかったことや、中古エンジンもなかった時代。
現在はエンジンがブローすると大半がエンジンの換装します。
載せかえるエンジンもいろいろ。さすがに新品をチョイスお客さんは一人も見たことがありません。
GT-Rになるとエンジンが300万円するなど、新品はべらぼうに高い。
そこで予算がある人はリビルトエンジンを選択します。
リビルトエンジンはご存知の通り、エンジンの再生業者が使える中古部品を使って、重要なところは新品部品をつかい、きちんとくみ上げられたエンジンのこと。
中古エンジンよりは当然高いですが、保障も効くし、新品に近い状態です。

engine-kansou1

中古エンジンはもう素性がわからないものは一か八か。解体屋さんで素性のいいエンジンを売ってくれればいいんですが、自分でオークションで買ったなんて場合は内部は
どうなっているか分からないし、はずれをつかまされる可能性も大。
うちの工場ではやはり中古を載せる場合もでてきます。その際には、エンジンのオイルシールとタイミングベルトとウォーターポンプは新品を組みつけてから載せています。
一応エンジンの対摩耗部品はリセットさせておきたいから。

engine-kansou2

エンジンがブローしたら載せかえる理由は、リスクが低いし、その方がらくだから。
オーバーホールをすると、OHしなれたエンジンならいいけど、初めて分解するエンジンについては作業に熟練していないと、載せた後にトラブルが発生しては元も子もない。
当然エンジンをOHするとなると、各部を分解するのでオイル漏れだってヘタすれば発生しないともいえない。
人間がやることは100%ではないので、だったら組みあがったエンジンを載せ換えようというのが現代のメジャーなやり方です。
というわけで、現代は殆ど修理目的でオーバーホールすることは少ないということ。
リビルトが主流だということでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする