もうじきEVの時代が見えてきたけど、エンジンの匂いが好き

僕はこう見えてもEVに興味津々、自分で所有したいとさえ思っている男です。

EVに惹かれるところはやっぱり既存の車とは違うテイストであるということ。静かであるということ。さらには燃料コストが非常に安いというところ。

自分の住んでいる家もオール電化なので、通勤や街乗りでEVを使えたらいいだろうなって。

そういう思いを持っています。

しかしそれとは反面、エンジンの匂いが好きなんです。主にガソリンエンジンですけど。冬になるといつもはあまりしない暖機運転をします。住んでいる地域が寒冷地なので、出勤前にガラスがバリバリに凍っちゃってるので。

アイススクレーパーなどで削るのもいいんですが、冬は外気温もかなり冷え込んでいるしエンジンにとってもかけた瞬間に出発!じゃかわいそうかなって。

そういった理由で暖機をするんですけど、その時の匂いが好きなんですよね。水温が下がり切ってるのでファーストアイドルがきき、回転が上がる。

若干燃料が濃い為か、燃料くさい匂いがするわけです。そこにエンジンのノイズが入ったりして。

あの儀式っていうのが好きだったりします。

EVも好きだけど、エンジンも好き。新しい物が好きな性分でもあるんですが、古いのも好き。

スバルの完成検査不正問題で、各指定工場でリコール作業ができるようになりました。日産からは要請がないんですけど、スバルの車は責任持って処理していきたいと思います。

内容は24ヶ月点検を行ったのちに完成検査をするといったもの。12ヶ月点検や車検と一緒にリコール作業をするとメーカーからユーザーへ5万円を返金するようなことを書いてありました。

リコール単体で行うんじゃなくて、12ヶ月点検や車検と一緒にリコール作業を行ったほうがお得です。

ちなみにユーザー車検で継続検査を受けてしまった場合、それはリコールが終わっていないとみなされるようなので注意が必要です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)