エンジンのオイル漏れする部分とは シールとパッキンとガスケット

以前オイル漏れの修理依頼をもらったんですが、予想に反してなかなか深いところからオイルが漏れてきていました。それはオイルポンプの部分。いわゆるフロントカバーと呼ばれる場所です。

フロントカバーを剥がすには、タイミングベルトの車ならタイミングベルトを外して、オイルパンを外す。そしてようやくフロントカバーを剥がす事ができます。

エンジンの潤滑にはオイルをつかっているわけで、オイル漏れをする箇所ってたくさんありますね。

それでは書き出せるだけ書いてみたいと思います。

エンジンのオイル漏れを起こす場所

1、ヘッドカバーのパッキン

minicab-u62t-head-clutch33

これは割と軽度なオイル漏れですが、エンジンのレイアウトによってはインテークマニホールドなどを外したりしないと交換が出来ない場合もあります。

2、オイルプレッシャースイッチ

oil-p-sw7

エンジンの油圧を検知しているスイッチです。ここが漏れると油圧がかかる部分なので一気にオイル漏れを起こす事もあります。

3、ヘッドガスケット

minicab-u62t-head-clutch28

ヘッドガスケットからのオイル漏れ修理は車を乗り換えるかどうかというくらいの出費になってきます。

4、カムシャフト・クランクシャフトなどのオイルシール

cam-seal-more9

ここはタイミングベルトの交換と一緒に交換してもらうのがベスト。ちなみにタイミングチェーンのエンジンはカムシャフトのオイルシールはありません。オイルポンプなど各種のシャフトにもオイルシールは使われています。

5、プラグホールのパッキン

engine-hutyou-hanting7

大体ヘッドカバーとセットです。ここが漏れるとエンジンが失火して調子を崩すので必ず修理しないとまともに車が乗れなくなります。

スポンサードリンク

6、ディストリビューターやカムのプラグのOリング

engine-oil-more-bubun

ちょっと以前の車に使われているディスビ。今はカム角センサーなどがここに付いている場合もあります、いずれにしろOリングです。部品も修理代も安いです。

7、クランクシャフトリヤオイルシール

cappuccino-clutch-oh26

ここにたどり着くにはミッションを降ろさないといけません。マニュアル車ならクラッチのOHと一緒に交換するのがベストです。

8、フロントカバー

oil-p-front-cover2

あまり修理する機会がないほどそんなに漏れてこない。ここは液体パッキンや紙のガスケットなどを使っています。工賃はかなりかかりますよ。

9、オイルパン

engine-oil-more-bubun2

オイルパンの液体ガスケットから漏れてきます。オイルパンを簡単に外せる車ならそんなでもないですが、中にはオイルパンをはずすのが凄く大変な車もあります。

10、オイルエレメントのブロック取り付け部分

engine-oil-more-bubun3

紙のガスケットやOリングです。ここも長く使ってくると漏れてきます。修理は車によってまちまちの難易度になります。

11、タイミングチェーンカバー(タイミングベルトのエンジンはフロントカバーに相当)

engine-oil-more-bubun4

最近多いのがタイミングチェーンカバーのオイル漏れ。ここは液体パッキンをつかっているのがほとんどです。オイル管理だけは適切にしておきましょう。オイル管理を怠ると漏れやすい傾向です。

12、ドレンボルトのパッキン・オイルフィルター

engine-oil-more-bubun5

オイル交換の時にドレンパッキンを交換していなかったりすると漏れます。あとオイルフィルターは錆びて穴があく事があるんです。そうなったら油圧が一気にかかってものすごい量のオイル漏れを起こします。こまめに交換しましょう。

と、思いつく限りエンジンオイル漏れを起こす箇所を書いてみました。いずれにしろオイル交換をこまめにしないと漏れやすくなる傾向にありますのでオイル管理はしっかりしましょうね。

添加剤を入れるだけでもオイル漏れはかなり改善されます。修理する費用が捻出できない場合はこういった添加剤を試してみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする