エンジンルームの洗浄は?スチームをさっとかけてエアブロー

c-log912-01
エンジンルームって車検の時に対外はスチーム洗浄を行います。
それはボンネットを開けたら砂埃がひどかったりして
整備に支障がきたすため、ある程度は洗ってしまうということ。

それとオイル漏れなどがあったときも綺麗に洗浄しないといけない

c-log912-02
オイル漏れがない場合は、さっとスチームをかけて洗い落とします。
スチームの圧が結構あるので、少しはなれたところからかける。

c-log912-03
洗い終わった後は、すぐにエアーガンで圧縮エアを吹きかけてかんそうさせます。

特に電気系統などに水が入ると壊れるので、カプラーや配線などはすぐに乾かす。

c-log912-04
これでかなり綺麗になります。オイルが漏れている場合などは専用のクリーナーをあらかじめ吹きかけておいて、
ある程度オイルの漏れを落とした後にスチーム洗浄してエアーをかけるという順番になります

c-log912-05
軽トラックなどはエンジンフードをあけたら真っ白なものが殆ど。

こんな感じに

c-log912-06
さっと洗い流す

c-log912-07
綺麗です。当然オルタネーターなどの電装系はなるべく水がかからないように。

スチームの風圧も利用して誇りとオイルにじみをさっと吹き飛ばす。

c-log912-08
エンジンルーム洗浄

c-log912-09

エンジンルームのスチーム洗浄のときはボンネットの裏も洗い流します。ここが結構汚れがたまっているものです。

こういったものを使うのもいいですね。
ということで、本日はエンジンルームのスチーム洗浄についてでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)