MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

高速道路の塩害 エンジンルームの腐食

time 2015/09/11

高速道路の塩害 エンジンルームの腐食

本日は高速道路を良く使う車に多い症状。

と、いっても故障ではありません。
MHOの会社ではリース契約を結んでいる車両の整備が

5業者ほどあります。
そのうち、一番走行距離がかさむ、年間走行距離5万キロ超の
車両については、長野支店から全国の支店へ
高速道路をびゅんびゅん使って飛んでいるということ。

高速道路を良く使うユーザーに良く見られる症状

c-log766-01
エンジンルームを見ればよくわかります。

c-log766-02
そう、エンジンルーム内の腐食。

 

塩カルの影響なんでしょうが、リース車の高速道路走行車の殆どが
このようにエンジンルームというよりエンジンの部品が錆びています。

c-log766-03
このとおり、ラジエターのサポートも錆錆。

エンジンルームを洗う人ってあまりいないと思いますが、
高速道路を走ったら、エンジンルームもサッとスチーム洗浄をするのもいいかもしれませんね。

でもスチームした後にすぐに圧縮エアでエンジンルームを乾かすことを前提としていますが・・・・

一般ユーザーのエンジンルームはあまりこういうふうに
エンジンが錆びているケースは見受けられません。

やはり高速道路を頻繁に使う車両によく見られます。

もし高速を良く使う人はご参考までに

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ