MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

初代エスティマ クランクケースカバー脱着シーリング オイル漏れ修理

time 2016/08/18

初代エスティマ クランクケースカバー脱着シーリング オイル漏れ修理

エスティマのオイル漏れ修理その3

c-log1095-01
初代エスティマオイル漏れ修理

オイルブロックのOリング交換、オイルパンのシーリングとやってきました。
続いて着手したのはクランクケースのシーリングです。

c-log1095-02
初代エスティマのガソリンエンジンは寝かせて搭載されているので、
本来オイルパンがつく部分はカバーがされています。
そして、オイルが入っているオイルパンは下側に来るように追加されている。

この本来オイルパンが取り付くであろう場所には薄っぺらいオイルパンのようなものが
ついている。ここからオイルが漏れていたのでシーリングをやり直すことに。

さすがに3部作の最後の章だけあって、ここはちょっと面倒くさい

まずはフロント側のプロペラシャフトを外します

c-log1095-03
さらにセルモーターを外す必要が有るので、バッテリーのマイナス端子も外しておく
あとオイルフィラーキャップがステーに止められているのでそのネジを外して、オイルのホースを外しておく

c-log1095-04
セルモーターを外す

c-log1095-05
プロペラシャフトのセンターベアリングが取り付くブラケットも外す

c-log1095-06
続いてミッションのメクラ蓋を外す。この中にまでオイルパンがきているから

c-log1095-07
エンジンが落ちてこないようにつっかえ棒でつっかえておいて、エンジンマウントも外す

c-log1095-08
エンジンマウント

これである程度クリアになるので、カバーのネジを外していく

c-log1095-09
ナットとボルトを外していく

c-log1095-10
ネジをはずしたらカバーをマイナスでこじってやると外れる。オイルが出てくるので注意

折り返し
c-log1095-11
外れたカバー

c-log1095-12
古いパッキンを綺麗に剥がしていく

c-log1095-13
オイルパン側のガスケットも綺麗にはがす

c-log1095-14
綺麗になったら液体ガスケットを塗布していく

c-log1095-15
準備完了

c-log1095-16
エンジン側も綺麗にしたらドッキング

c-log1095-17
あとは戻していく

オイルを最後に入れれば完成です。

エスティマのクランクケースのカバーシーリングでした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ