エスティマ ACR30 O2センサー交換

エスティマ ACR30
エンジンチェックランプ点灯

c-log1187-01
故障コードを読んだ同僚が、O2センサーの交換だという指示を出してあったので
作業を僕が担当することに。

c-log1187-02
エンジンチェックランプ点灯

それにしてもO2センサーは本当に良く壊れるな。消耗品と割り切ったほうがいいみたいですね

c-log1187-03
で、壊れているのはどっちのO2センサーだと同僚に聞いたら

2つも使ってたの?というゲゲゲな答え。

おいおい待ってくれよ。もう部品がココにきているんですけど・・・。

見たところセンサーの形状は同じでカプラーも問題なさそう。
ただ配線の長さが違うのだろう。とりあえずクロのセンサーがどちらかの判断をすることに。

c-log1187-04
B2S1の方のO2センサーが駄目らしい。

わかりにくいので、2つあるO2センサーの一つのカプラーを抜いた状態で
擬似的にO2センサーをキャンセルしてチェックランプを呼び出そう作戦をした。

手前のO2センサーが壊れているということが判明。

ということでO2センサーの交換にはいります

c-log1187-05
O2を交換するにはこのエキマニの遮熱板が邪魔になります。
そのためには左の赤丸のステーを外さないといけない。ステーは14mm
遮熱板は12mmのボルトナットで止まっています。両方外す

c-log1187-06
そうすると見えたO2センサー

c-log1187-07
壊れているのはコレ。ネジは22mm

c-log1187-08
メガネで回します

O2センサソケットも安くなりました

簡単です

c-log1187-09
取れた

c-log1187-10
新品

c-log1187-11
新品を付け替えたら終わり。元に戻します

c-log1187-12
エスティマのO2センサー交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする