初代エスティマ オイルブロックOリング交換 オイル漏れ修理

初代エスティマです。オイル漏れがいろいろあって修理しました。
まずはオイルブロックからのオイル漏れ修理

c-log1093-01
初代エスティマ ガソリン

オイルブロックからのオイル漏れ修理

c-log1093-02
オイルブロックっていうのは、オイルフィルターが取り付く部分。
ここはシリンダーブロックそのものだったり、もう一段階部品で介していることがある。

エスティマはエンジンブロックにOリングで止められたオイルブロックが存在します。
そこにオイルフィルターが取り付いている。このシリンダーブロックとオイルブロックの間のOリングを交換する。

まずはオイルフィルターを取り外す

c-log1093-03
ちょっといやーな予感がしたんですよね。抜けないかなぁって。
だけど簡単だった。12mmのボルト3本でオイルブロックは止まっている

c-log1093-04
そうしたらこんな感じになります。めがねみたいな形のOリングが取り付いている。

これが劣化してオイル漏れを起こしていた

c-log1093-05
新品のOリング

c-log1093-06
取り外したオイルブロック

c-log1093-07
裏側

c-log1093-08
洗浄してOリングを交換する

c-log1093-09
オイルブロックを取り付ける

c-log1093-10
あとは新しいオイルフィルターを取り付けて、オイルを補充。もれていた部分を掃除すれば完成です

初代エスティマのオイル漏れ修理でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする