MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

初代エスティマ オイルブロックOリング交換 オイル漏れ修理

time 2016/08/16

初代エスティマ オイルブロックOリング交換 オイル漏れ修理

初代エスティマです。オイル漏れがいろいろあって修理しました。
まずはオイルブロックからのオイル漏れ修理

c-log1093-01
初代エスティマ ガソリン

オイルブロックからのオイル漏れ修理

c-log1093-02
オイルブロックっていうのは、オイルフィルターが取り付く部分。
ここはシリンダーブロックそのものだったり、もう一段階部品で介していることがある。

エスティマはエンジンブロックにOリングで止められたオイルブロックが存在します。
そこにオイルフィルターが取り付いている。このシリンダーブロックとオイルブロックの間のOリングを交換する。

まずはオイルフィルターを取り外す

c-log1093-03
ちょっといやーな予感がしたんですよね。抜けないかなぁって。
だけど簡単だった。12mmのボルト3本でオイルブロックは止まっている

c-log1093-04
そうしたらこんな感じになります。めがねみたいな形のOリングが取り付いている。

これが劣化してオイル漏れを起こしていた

c-log1093-05
新品のOリング

c-log1093-06
取り外したオイルブロック

c-log1093-07
裏側

c-log1093-08
洗浄してOリングを交換する

c-log1093-09
オイルブロックを取り付ける

c-log1093-10
あとは新しいオイルフィルターを取り付けて、オイルを補充。もれていた部分を掃除すれば完成です

初代エスティマのオイル漏れ修理でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ