MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

エブリィ リヤハブベアリング交換

time 2016/08/24

エブリィ リヤハブベアリング交換

スズキのエブリィのバンです。
走行中異音がするということで診断。
R左のハブベアリングからの異音だった。

ということでエブリィのRハブベアリング交換

c-log1098-01
エブリィ

ちょっと古い。

c-log1098-02
このエブリィはエンジンがミッドに積んである。なので、リヤはリジッドサスなんだけど、
ドライブシャフトを使っている。なんだか交換が面倒くさそうだぞ

c-log1098-03
とりあえずタイヤとドラムを外す。するとラッキーなことにドラムの中にハブがあった。
ということはドライブシャフトを抜くまでもないということだ!ラッキー。

c-log1098-04
ハブのロックナットを外す。

ロックナットを外したら、ハブをスライディングハンマーで外す

c-log1098-05
アウターベアリングものこってきた。どうやらこのハブはベアリングを2つ使っているタイプらしい

c-log1098-06
それでこんな状態。続いてハブのベアリングのケース部分を押さえている14mmのボルトを4本外す

c-log1098-07
理屈ではこれでハブのベアリングケースも抜けて来るんだけど、さすがに年式と距離で固着。
ちょっと叩いたりしないと外れないようだ。

しょうがないのでブレーキシューを外す

c-log1098-08
この状態で、ハブのケースを外す。バックプレートに傷をつけないように

c-log1098-09
外れた

c-log1098-10
これでベアリングを交換する

c-log1098-11
オイルシールを外す

c-log1098-12
古いベアリングをケースから叩いて外す

c-log1098-13
新品。インナーベアリング・アウターベアリング・オイルシール・スペーサー。

c-log1098-14
続いて新しいベアリングを圧入する。古いベアリングを当て物にすると丁度いい。

インナーとアウターでは種類が違うから注意

c-log1098-15
インナーベアリングを入れたら、スペーサーを中に入れておく。
そしてアウターベアリングを続いて圧入

c-log1098-16
アウターベアリング

c-log1098-17
ケースにベアリングを入れたら、今度はハブに残ったベアリングを取り外す

もう少し

c-log1098-18
そしたらハブを圧入。インナーベアリングを後ろから抑えておかないと
すぐに痛んでしまうから注意

c-log1098-19
インナーのオイルシールをはめる

c-log1098-20
出来上がったハブASSYを取り付ける

c-log1098-21
ブレーキシューを組む

c-log1098-22
ドラムとタイヤをつけて、ハブのロックナットを規定トルクで締める

c-log1098-23
最後にロックナットをマイナスドライバーでたたいて、廻り止め処置を施して終わり

エブリィのリヤハブベアリング交換でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ