エブリィ リヤパワーウインドウ動かない修理

エブリィです。
Rのガラスが動かないということで修理。

c-log1137-01
作業指示が出ていたので、僕が整備を担当。
交換部品はモーターとレギュレーター。ということでエブリィのリヤスライドドアのパワーウインドウモータとレギュレーターの交換です。

c-log1137-02
スライドドアって、パカッと開くわけじゃないからパワーウインドウの修理はやりにくいのです。
とりあえず内張りを剥がす

c-log1137-03
ドアのインナーハンドルは、昔のレギュレーターハンドルと同じクリップで留まっています。
細いマイナスドライバーなどでひっかけて外す

c-log1137-04
クリップが外れれば、ハンドルは外れます

c-log1137-05
あとは内張りはクリップで留まっているだけなので、引っぺがす

c-log1137-06
さくさく進めましょう。

c-log1137-07
こんな感じです。なぁんだ。モーターなんか丸見えで楽勝じゃないか!

と、僕は思ったんです。お恥ずかしいながら、このモーターがパワーウインドウモーターだと思っていた。
実際外しちゃった(笑)

c-log1137-08
なんだよこの構造。ドアロックまで外さないと駄目なのかよー。なんて外してから気がついた。
ああ、コレってドアロックのモーターじゃないって(笑)

そうなんです。これって半ドアまで締めたら自動的にドアがパチッとしまるためのモーターなんです。
パワーウインドウのモーターじゃない。

c-log1137-09
イメージ的には赤丸がレギュレーターを押さえている10mm。3本。

モーターを押さえているのが黄色い丸。コチラはナットで3つ。モーターにつながっているカプラーも外しましょう

c-log1137-10
外れた図。レギュレーターが固定されちゃっているので、窓ガラスとレギュレーターの分離が大変。

しかもプラスネジ2本。なんとか外しました。

c-log1137-11
今度は新しいレギュレーターをセットして、ドアのサービスホールからガラスとレギュレーターを合体させます。
これは楽チン。

c-log1137-12
結局ドアロックのモーターもはずしたほうが作業性がよくなった。
本来外さなくてもいいんですけどね。

c-log1137-13
あとは元に戻してガラスを綺麗にふいて終わり。

エブリィのリヤスライドドアパワーウインドウ修理でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)