エブリィ エンジンがふけない原因はターボが壊れていた DA64

エブリィです。エンジンが吹けなくなったということで入庫

c-log1114-01
エブリィ

試乗をしてみたらいやーな予感がした。
まずエンジン自体は吹けなくはない。だけど、ターボ車なんですがブーストがあがってくると
なにやらいやな音がする。

そして、一度だけ何かが吸気パイプを塞いだような形になり、ふけなくなった。
アクセルをパーシャルにした状態の異音も気になる。

明らかにタービンの異常だと思いました

c-log1114-02
オイル管理があまりよろしくない車で、13000kmもの間オイルが換えていないことがわかりました。
とりあえずオイルとオイルフィルターを交換してもう一度エンジンを回してみた。

そうしたらエンジンが吹けなくなることはなくなったが、明らかにタービンの音が変だ

c-log1114-03
吸気系のパイプをみたけれど、何か異物がつまっているようなこともないので
ターボの様子を伺うためにパイプを外してみることに

c-log1114-04
そうしたら原因判明。シャフトがガタガタ

c-log1114-05
シャフトにガタがあるために、羽が真円を描かない。その為に羽が割れたり曲がったりしているのがわかります

c-log1114-06
ひどいもんだ。

なので、エンジンが吹けないという症状はおそらくタービンの羽がロックしてしまったときにおこった
事だったことが推測できます。

ということで、エブリィはターボを載せ換えることになりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. サンバーTT2 より:

    オイル交換は人によって、まめにする人、または全くしない人など、色々ですよねぇ!
    自分でオイル管理して、定期的に交換する人もいれば、車検で交換したら次の車検まで無交換の人もいる!
    人それぞれの考え方もあるので何とも言えませんが、本当は定期的に交換した方が車も長く使えるし、大きなトラブルに会う可能性も低くなる。
    特に、オイルにシビアなターボ車ならなおさらですよね!!
    車は機械だけど、自分的には機械も生き物と同じと考えてるので、愛着をもって大事に乗ってあげて欲しいものです…。

  2. 人生経験半世紀過ぎの酔っ払い より:

     運転免許証を取得してスターレット、ブルーバード×2、
    マークⅡ、ミラ×2 アベニール、ジムニー×2(1台は2スト)
    ハイエースDT ノア、アルト×2、ヴィヴィオ、KEI、エブリィワゴン
    と色々な車を所有したけど、オイル交換は、常に3千キロから5千
    キロ、フィルタ交換は、9千から、1万キロですかね。(2ストは除く)
    ちなみに、ミッション&デフオイルも多くて5万キロくらいで替えています。
     何と言っても、車にとってオイルは、人間の血液と同じだと思っていますから。

  3. たか より:

    こういう人が居るから、キャリーのターボ車が無くなっちゃったんですよね(T_T)
    (交換しない農家の方が多くて、クレームが多くついてラインナップから外れたと聞きました)

    ターボ車のエンジンオイルはマメに換えれば、全然壊れないのに。

    • MHO より:

      農家の方の使い方は超シビアコンディションですからね。エアクリーナーなんかすぐに真っ黒になりますよ。