フィット GD4 コーナーポール交換

フィット GD4
コーナーポールを交換しましたのでレポートします

c-log1270-01
コーナーポールっていうのは、車幅感覚を掴みやすくするポールです。
このフィットには伸縮タイプのコーナーポールがついていましたが折れてしまったので交換することに

c-log1270-02
意外と知られていないことですが、コーナーポールはポール部分だけで部品の供給があることがあります。
ポールだけなら部品代で4500円。

コーナーポールを交換するための最低条件は2つあります。

中のモーターがきちんと作動すること。

ポールがきちんと根元から取り出せていること

内部のモーターを使ってアンテナのようなポールを伸縮させるわけですが、このモーターが壊れていれば
話になりません、。

そして、ポールがモーターの中に残ってしまっているような場合はポールだけで交換ができません。

c-log1270-03
コーナーポールです

c-log1270-04
コーナーポールの交換は簡単です。

2人1組でおこないます。

c-log1270-05
室内から、ポールのスイッチをON、OFFしてもらう。

ポールのスイッチをONにすると、ポールは伸びます。
まずONにしてもらって、ポールを完全に伸ばした状態にモーターをもっていき、そこからOFFにしてもらう。

このとき、モーターが反対方向へ回るときを利用してポールを内部へ吸い込ませていくのです

c-log1270-06
このようにポールにはギザギザの紐上のギヤがついています。これをモーターが逆回転しているときにかみこませると
自動的に吸い込まれていくというわけ。

ポイントはどの向きにこのギヤ状の棒を差し込むかということ。

モーターのギヤとかみ合わないと吸い込まれないので、かみこむ向きを探します。

1回じゃおそらく決まらないと思うので、駄目だったらまたポールのスイッチをONにして、モーターを正回転させる。
そしてまたOFFにして逆回転になっている間に・・これを繰り返しながら手探りでやって行きます。

当然中にポールの残骸などが残っていたら駄目なので、ポールだけで交換が出来るかどうかは
壊れたポールをよく見る必要があるのです

c-log1270-07
ポールを入れた後に蓋をする

c-log1270-08
と、こんな形で交換します

c-log1270-09
フィットのコーナーポール交換でした。

自動で伸びるラジオのアンテナも同じ原理です。ご参考までに。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)