フィット GE6 フロントブレーキパッド交換

ホンダのフィットGE6です

c-log997-01
ブレーキパッドを交換したので、その様子をレポートします。
フィットGE6 ブレーキパッド交換

まずはブレーキのオイルのリザーブタンクよりブレーキオイルをスポイトで少し吸い取っておきましょう。
ブレーキキャリパーのピストンを戻したときの、オーバーフローを避けるため

c-log997-02
続いてキャリパーの下側のネジ、12mmを緩めます

c-log997-03
スライドピンが共廻りするので、17mmのスパナで廻り止めしてネジをはずします

c-log997-04
ネジをはずしたら、キャリパーを上へ持ち上げます

c-log997-05
古いブレーキパッドをマイナスドライバーなどでこじって取り外します

c-log997-06
古いパッドを外した図

新旧パッド

c-log997-07
純正のブレーキパッドにはついているシム。社外のパッドにはついてないので、移植

c-log997-08
シムを移植

c-log997-09
シムを移植したら、パッドグリスをキャリパーとの接触面に塗布します


間違ってもローターとの接触面に塗らないこと

c-log997-10
新しいブレーキパッドを取り付ける

c-log997-11
新しいパッドを装着したら、キャリパーを取り付けます

c-log997-12
飛び出たピストンをプライヤーなどで挟み込んで縮める。
完全に縮めないと、ブレーキキャリパーがはまりません

c-log997-13
ピストンが戻っているのがわかります。

これでキャリパーを被せる

c-log997-14
ピストンを戻さないとキャリパーははまりません。はまらないときはパッドが規定の位置に
収まっていないか、ピストンが戻っていない。

c-log997-15
最後にネジを締め付けて完了。

これで反対側も同様に交換したら、ブレーキペダルを何回かポンピングしてください
最初は床まで踏みぬけてしまいますが、何回か踏んでいると踏みしろがでます。

踏みしろがでたら、ブレーキのリザーブタンクをMAXまでブレーキオイルを補充。

あとはそろりそろりと鳴らし運転をしましょう。あたりがつくまでは本当にブレーキがきかないので注意です。

以上フィットGE6のブレーキパッド交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする