MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

フィット GE6 フロントブレーキパッド交換

time 2016/04/29

フィット GE6 フロントブレーキパッド交換

ホンダのフィットGE6です

c-log997-01
ブレーキパッドを交換したので、その様子をレポートします。
フィットGE6 ブレーキパッド交換

まずはブレーキのオイルのリザーブタンクよりブレーキオイルをスポイトで少し吸い取っておきましょう。
ブレーキキャリパーのピストンを戻したときの、オーバーフローを避けるため

c-log997-02
続いてキャリパーの下側のネジ、12mmを緩めます

c-log997-03
スライドピンが共廻りするので、17mmのスパナで廻り止めしてネジをはずします

c-log997-04
ネジをはずしたら、キャリパーを上へ持ち上げます

c-log997-05
古いブレーキパッドをマイナスドライバーなどでこじって取り外します

c-log997-06
古いパッドを外した図

新旧パッド

c-log997-07
純正のブレーキパッドにはついているシム。社外のパッドにはついてないので、移植

c-log997-08
シムを移植

c-log997-09
シムを移植したら、パッドグリスをキャリパーとの接触面に塗布します


間違ってもローターとの接触面に塗らないこと

c-log997-10
新しいブレーキパッドを取り付ける

c-log997-11
新しいパッドを装着したら、キャリパーを取り付けます

c-log997-12
飛び出たピストンをプライヤーなどで挟み込んで縮める。
完全に縮めないと、ブレーキキャリパーがはまりません

c-log997-13
ピストンが戻っているのがわかります。

これでキャリパーを被せる

c-log997-14
ピストンを戻さないとキャリパーははまりません。はまらないときはパッドが規定の位置に
収まっていないか、ピストンが戻っていない。

c-log997-15
最後にネジを締め付けて完了。

これで反対側も同様に交換したら、ブレーキペダルを何回かポンピングしてください
最初は床まで踏みぬけてしまいますが、何回か踏んでいると踏みしろがでます。

踏みしろがでたら、ブレーキのリザーブタンクをMAXまでブレーキオイルを補充。

あとはそろりそろりと鳴らし運転をしましょう。あたりがつくまでは本当にブレーキがきかないので注意です。

以上フィットGE6のブレーキパッド交換でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ