フォレスター SF5 タイミングベルト交換

スバル フォレスター
型式 SF5

タイミングベルトを交換しました


フォレスター SF5 タイミングベルト交換


まずはラジエターをおろしましょう。クーラントを抜いて、アッパーホースを外す

サブタンクにつながるホースを外して、

車両のアンダーカバーを外す。

そしてロアホースを外して、ATのオイルクーラーホースを2本外す。電動ファンのカプラーは2つ外す

あとはラジエターのアッパーマウントを2つ外してラジエターを引っこ抜きます。


基本的にレガシィもインプレッサも同じです。


続いて補機ベルトをはずす


クランクプーリーのネジを外してプーリーを外します。22mm。普通のインパクトレンチは入りませんでした。


左側のタイミングベルトカバーを外したりするのに邪魔になるのでキャニスターも外しました。

ベルトカバーを外していきます


1番圧縮上死点に合わせてタイミングベルトを外します。

このエンジンはオートテンショナーなので、オートテンショナーのアイドラーの14mmを外したほうがいいと思います。
下手な場所を外してベルトを緩ませようとすると、一気にオートテンショナーの張力にベルトがもっていかれて
ネジ山が舐める可能性があります


お客さんの要望で、オイルシールはそのままでウォーターポンプのみ一緒に交換することになりました。

オイルシールを点検したら漏れていないのでそれでもいいかなと。


ウォーターポンプを外しました。できればサーモスタットも一緒に交換するのがおすすめ


サーモスタットを古いポンプから新しいポンプへ移植します。
サーモスタットはあとからも交換できるので、まあどちらでもいいかな。


新しいウォーターポンプを組み付けて、各テンショナー類を交換します


新しいタイミングベルトをかけていきます。新品のベルトに各スプロケットに合致するマークが
ペイントされているので、タイミングを間違えることはありません

マークの部分をスプロケットの合いマークに合わせてかけていく


ベルトをかけたらオートテンショナーのピンを外します。オートテンショナーが伸びて適正な張力が与えられるまで
しばらく放置。5分くらい放置しておくのがベストかなぁ。


各タイミングマークを確認。助手席側バンクの上下のスプロケットのマークが合致していること


こちらは左側バンク。


クランク。

この3箇所があっているか確認。OKなら元に戻して終わり

フォレスター SF5のタイミングベルト交換でした

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)